寝る前に食事とると太る理由って何?

寝る前にものを食べると太る…。

あれって迷信じゃ無くって本当です。

なぜなら、夜は副交感神経系が働く時間だから。

副交感神経は脂肪を溜め込もうとする性質を持ちます。

そもそも夜型は太りやすい

夜ふかしをするとどうしてもお腹がすいてきます。

今では昔違ってコンビニに行けば簡単に食べ物買えちゃいますね。

 

ちょっとコンビニ行ってくるか…はいいんですけど、買ったものの成分表見たことありますか?

自分でもビックリするくらい、高カロリーなもの食べちゃってますよ。

 

カロリーは増えるけど、睡眠時間は減る。

 

起きる時間も遅れがちになって、生活習慣が乱れる。

そうなると、自分でも分からないままに太る習慣になっていきます。

 

夜型の人は要注意ですよ。

寝てる間に脂肪は溜め込まれる

大抵の人は、昼間は動いてて夜には眠ります。

体はそういったサイクルで作られているからです。

 

例えば、交感神経

交感神経は人が動き回ってる時に働いて、胃袋の消化をうながします。

 

一方で、副交感神経が働くのは夜です。

その時に腸が栄養をギュンギュン吸収するようにうながしている。

つまり、眠っている時間ってのは極端に栄養吸収のいい時間。

 

体の中にカロリーをためこむ時間帯なわけです。

 

ですので、寝る前に食べると胃袋に負担がかかります。

高カロリーなものを食べようものなら、食べた脂肪を片っ端から脂肪細胞に押し込もうとします。

 

ダイエットしてるんであれば寝る前の2時間は飲まない・食べない。

これは鉄則です。

夜は低カロリー食品を

色々な事情があってちゃんとした時間帯に夕食が摂れない人も多いはず。

 

夜の遅い時間帯に炭水化物の塊であるインスタントラーメン。

油こってりのファストフード。

最近では宅はピザなんかも夜遅くやってますね。

ダイエットしてるのに、そんなの食べちゃ太るに決まってる。

 

出来るんなら夜がふけないうちに、チーズとか腹持ちの良いものを食べておきたいところ。

とにかく、深夜の夜食は相当 太ります。

 

どうしても深夜に食べたくなったのなら、低カロリー食品にしておきましょう。

こんにゃくや海藻類。

ベーグルやフランスパンなどです。

 

ポイントは脂肪分が少ない食品を選ぶこと。

タンパク質・脂質の2倍以上のカロリーを脂肪は持っているからです。

水をがぶ飲みしてみる

空腹対策はまだまだあります。

おすすめなのが、水を飲むこと。

簡単ですしね。

 

水を飲みすぎると太るんじゃ…なんて心配する人がたまにいます。

水分ってのは飲んだら基本的に全部 体の外に出されます。

 

飲んだ瞬間は体重は増えますが、それはいづれ排出されるってことです。

ダイエットの目的は体から脂肪を消し去ることですから水分は増えても大丈夫。

 

体重が増えることを嫌がって水あんまり飲まない人がいます。

でも、ちゃんと飲んだほうがいいですよ。

 

水分不足は便秘をまねきます。

そうなると、腸から余計な栄養吸収が多くなって太りやすくなるります。

 

水分が少なくなると、血液がドロドロに。

血栓が出来る可能性も高まりますので良いことありません。

 

夜寝る前は、水分は逆にとっておいた方がいいですよ。

それでは高木でした^^

→ 痩せる薬のゴリッゴリのダイエットで34キロ痩せてみた

→ ゆっくり食べると太りにくくなる最大の理由とは

サブコンテンツ