太ってるから服が似合わないと諦める前にするべきこと

ダイエットの成功率を一気に上げるコツがあります。

それは、あなたが痩せたら着たいなーと思っていた服を買って部屋に飾っておくことです。

太っている自覚のある人なら着たくても着れなかった服が一つや二つあるはずです。

それは、痩せてからじゃなくって今買ってください。

で、それを嫌でも目につく所に置いておく。

 

まずは、あなたの理想の体を思い浮かべて下さい。

そして着たい服。

ワンピースでもいいし、水着でもいいです。

なるべく、体のラインがはっきり出る服にしましょう。

 

自分の年齢は気にしないでショートパンツなんかを買ってみてはどうでしょうか。

 

買うのが恥ずかしいなら、店員さんには「贈り物です」って言いましょう。

私も肥満体型だった頃は、ウエスト90センチオーバーだったのに25インチのデニムを買って、プレゼント用に綺麗にラッピングまでしてもらいましたよ(笑)

 

家に帰ったら、タンスの肥やしにするんじゃなくって部屋の、出来れば鏡の前にでも吊るしておきましょう。

で、週に一度くらい実際に着てみる。

 

私が買ったデニムは最初は足のふくらはぎ部分くらいまでしか上がりませんでした。

その時は現実を突きつけられたようでへこみますが、痩せていくうちにちょっとづつデニムが腰に近づいてきました。

 

ダイエット中にいちいちウエストサイズを測るのは面倒ですが、こんな風に目に見えて体が細くなっていくのが体感できるとモチベーションがかなり続きます。

そしてある日、完全にデニムを身に包めた瞬間の喜びといったら!

そのまま外に出たくなりましたよ。

 

ダイエット中は体重が落ちていくのは体重計に乗ったら分かりますが、目に見えて体のラインが変わっていく様子を実感することは難しいものです。

少しづつ太っていったんだから、少しづつ細くなっていくのは当たり前のこと。

 

でも、少しづつ過ぎてその変化には中々気づかない。

すると、今自分がやってることへの意味が見いだせなくなってやる気が持ちません。

 

実際、あなたが精一杯 頑張って体重が1キロ落ちようが増えようが「あ、もしかして1キロ変わった?」って言ってくれる人はまずいませんからね。

 

でも、痩せたら着たいと思っている服を少しづつ着れるようになっていく事で自分の体が確実に変わっていくことが実感できます。

 

あなたが変わらない限り、服のサイズは変わりません。

自分の体が理想の、着たかった可愛い服に着実に近づいていく…。

 

こういった小さな変化を見逃さないことがダイエット成功のコツの一つです。

 

もちろん、その服と同じサイズの服を好き勝手に選んで着れるようにもなります。

あなたにとっての理想の服は、あなたのダイエットの助けにもなってくれるわけですよ。

次 → 服が無理…って人は、体の内側の代謝を上げるとすぐに10キロ以上は痩せることが出来る理由とは?

→ 人気のダイエット記事一覧はこちら

サブコンテンツ