女性がダイエットで痩せない理由が嫌すぎる

女性のダイエットがあまり成功しないのは、実は体質に問題があるわけじゃありません。

ダイエットに対して、必要以上にネガティブになっているからです。

痩せない理由

あなたはもう察しがついているでしょうが、私たち女性は男性よりも痩せづらいです。

なんかズルいですよね。

 

理由は体の中で使われるカロリーが男性よりも少ない…つまり代謝が悪いってこともあります。

ですが、それよりも大きいのが「ダイエットを初める理由」の部分です。

 

男性はなぜ痩せやすいのか…。

それは、男性がダイエットを初める時は会社の健康診断で、「これ以上太ったら命に関わるよ」と言われて初めるからです。

 

文字通り、命がけで痩せなきゃいけないわけですよ。

だから成功率が高い。(私も医者に忠告されて痩せたクチですが…)

 

それに対して、女性がダイエットを初める理由は「キレイになりたいから」です。

女性って男性よりも「どう見ても病的に太ってる」人って少ないですよね。

 

美しさへのこだわりは男性以上ですから、みんななるべく太らないように大なり小なりの努力をしてます。

でも、ダイエットを続ける原動力は「今よりキレイになりたい」というゴールが曖昧な動機です。

 

動機が弱くって中々 行動に移せない。

 

男性は健康のために、女性は美容のためにダイエットをする。

私たち女性は太りにくいけど、痩せにくい思考なわけです。

男性のダイエットの仕方から学ぶ

男性・女性、ダイエットの目的は違ってても痩せるカラクリは一緒なわけなのですから、ダイエットの「やり方」に違いは何もありません。

だから、男性目線でのダイエットから学ぶことは多いです。

 

男性はダイエットをする時、「健康な体を作るために、5kg痩せる。そうしたら血液検査に引っかからないから」という明確な目標設定をして取り組む傾向にあります。

ゲーム感覚だし、何かを作り出す作業をしています。

 

対して、女性は「今より体型をなんとかしたい。少なくともこれ以上太りたくない」という感情的な目標設定になりがちです。

悲観的だし、何かを削っていく作業。

 

男性が資産を築いていく感覚でダイエットに取り組みますが、女性は借金を返していく感覚です。

 

同じことをやっているはずなのに、女性のダイエットの成功率が低いのは実は体質じゃなくってこのネガティブ思考にあります。

感情的にならない

感性が豊かなのは女性の方とよく言われますが、感情的になって自分をコントロールできなくなってしまうことも多いのも事実。

 

男性は「俺はどうやったら痩せることが出来るのか?」とメカニズムを理解して、あまり感情に左右されずに淡々と取り組んでいきます。

「今日は運動できなかったけど、睡眠時間のほうが大切だから寝よう」と、ある程度 割り切った考え方をしています。

 

それに対して、女性は「全然運動できなかった…」と必要以上に落ち込んでしまいます。

つい感情的になって、全てを投げ出してしまいがちに。

 

やってることは一緒なのですから、余計なストレスは無いほうがいいに決まってます。

ダイエットにはいい意味での鈍感さも必要なわけです。

次 → 痩せにくい女性が確実に痩せるには基礎代謝を上げるのが一番いい理由とは?

→ TOPページに戻る

サブコンテンツ