なぜ太る?そんなに食べてないのに…

私がダイエットの相談を受ける時に、よく言うのが「食事管理表を作って下さい」です。

そんなに食べてないのに太る…って人は、「自分が1日に何を食べたか」を全部ノートに記録をつけてみましょう。

自分で見てもビックリするくらい食べてます。

太っていくのは大半が食べ過ぎが原因だからです。

 

「どれくらいが適量か」というのは人それぞれですが、無自覚に食べる量は積もり積もって普段の食事よりもカロリーオーバーするケースが大半。

本人が気づいていないだけです。

 

ですので、「本当は自分は何を食べているのか?」を知るために食事管理表が必要になるわけです。

少しめんどくさいですが、一週間分くらいで十分なデータはとれますので細かくチェックしてみてください。

 

ある人は、毎日お昼ごはんに唐揚げを食べていました。

唐揚げはダイエットには最悪の食べ物です。

唐揚げ1個食べるくらいならコンビニのおにぎり3個食べるほうがまだ太りません。

 

なんでそんなに揚げ物を食べるのかと話を聞いてみると、「冷蔵庫に入ってたし、温めるだけで簡単に食べられるからなんとなく…」らしいです。

こんな風に、別に本人がどうしても食べたくって食べてしまったものが太る原因ではないケースが多いです。

 

知らず知らずのうちに食べて、そして太ってしまっている。

唐揚げをメニューからはずしてもらうと、その人はすんなりと痩せることが出来ました。

 

食事管理表を作っておけば、原因が簡単に特定できるので対策が立てやすいわけです。

 

またある人では、毎日 家を掃除する時にチロルチョコを食べる悪癖が見つかりました。

この女性もほとんど無意識で食べていたらしく、なぜダイエットが上手くいかないのか不思議に思っていたそう。

チョコを食べる習慣を止めた途端、2ヶ月でウエストが7センチも細くなってました。

 

私がダイエットのアドバイスをする時にはよく「ダイエットは試験勉強みたいなものです」と言います。

 

例えば、司法試験を受けたい人が電気工事士の勉強なんてするわけありませんよね。

どんな知識が必要か?出題される問題の傾向は?って考えながら、参考書を読んだり問題集を解いていきます。

 

これはダイエットも同じです。

問題を考えて、効率よく問題を解いていかないと、中々痩せることはできないわけです。

 

太っている人は、普段の生活習慣のほんのごく一部が原因でダイエットが前に進まないことに気がつきません。

ですので、一週間くらいは頑張って「自分が普段食べたもの」を全部ノートに書き出してみてください。

必ず、原因は特定できます。

 

日記をつけるものありですし、食べる前にスマホで写真を撮ってすます人も多いです。

そんなに食べてないのに太るって人は記録を残して、「うっかり食べているもの」を特定してみてください。

次 → うっかり食べを防いだ後に、1ヶ月で5キロ以上痩せたいなら今すぐ基礎代謝を上げるべき理由

→ TOPページに戻る

サブコンテンツ