生理前のダイエットを無駄にしないためにやるべきこと

生理前のダイエットは無駄ではありません。

この時期は、「痩せる努力」じゃなく「太らない努力」をするべきです。

生理前のダイエット

生理前は痩せにくいというのは本当ですが、現状維持するって意味でもダイエットは決して無意味ではありません。

 

女性が一番痩せにくいのは、生理一週間前~生理中の間です。

体内ホルモンであるプロゲステロンがたくさん分泌される時期で、体調は悪くなるしむくみやすくなったり、人によっては頭痛が続くようになってしまいます。

 

代謝も悪くなるし、このタイミングで根気をつめてダイエットしても良いことはあまりありません。

特に、生理の一週間前は体重は増えて当たり前の時期になります。

 

この時は体に水分がたまりやすくなっているだけで、脂肪がたまった…太ったわけじゃないので焦る必要なないですよ。

むくんでるだけです。

 

生理が終わると徐々に余計な水分が抜けはじめてむくみは元に戻ります。

 

ただし、生理が終わった後でも3キロ以上体重が増えてしまっているのならどう考えても食べ過ぎです。

これは生理中に食欲が異様に出てくるタイプの人に多いです。

 

こういった人は、食事と食事の間に、野菜みたいな歯ごたえのある間食をとるようにして食べ過ぎを防ぎましょう。

 

それと、生理前に別に体重は減らなかった…って人は生理が終わると痩せる可能性が大です。

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が良くなるからです。

 

そうなると体調も回復してきますし、代謝が良くなって痩せやすくなります。

生理周期をうまく利用する

ダイエットをする前には、生理周期は4周間で考えるのが一般的です。

 

そうすると、代謝が良くなって痩せやすい時期は生理直後の2週間。

で、残りの2週間は代謝が悪くなるので「この時期は痩せにくいんだな…」と割り切って考えましょう。

 

生理中に頑張っても思うような成果は出せません。

 

努力が報われないほど悲しいことはありませんし、生理後のダイエットもモチベーションも下がってしまいます。

だから、ダイエットを長く続けるつもりなら、代謝が悪い時期を基準に考えるようにしましょう。

 

代謝が悪い時に考えるべきことは「太らないようにすること」。

痩せるのは生理が終わってからです。

 

生理が終わったらテンションが上ってきますので、ついつい無謀な目標瀬一定にしてしまいます。

この2週間で10キロ痩せるぞー!みたいな無茶な計画を立てても、いくら痩せやすくなったからといっても無理なものは無理です。

 

それが無謀だと気づけなかったら、生理がはじまって気持ちがブルーになってきた時にダイエットに対して苦手意識を持ってしまうようになってしまいます。

 

生理前は太らないように落ち着いてダイエット。

生理後は無理しない範囲で積極的にダイエット。

 

メリハリをつけて、出来そうな範囲をコツコツ続けたほうがダイエットは長続きしますよ。

次 → 生理後に基礎代謝を上げて、速攻で10キロ痩せるたった一つの方法

→ 全記事一覧はこちらからから見れます

サブコンテンツ