痩せたいのに食べてしまう人のストレス解消法とは?

痩せたいのにストレスに負けて食べてしまう…。

あなたがそうなら、ストレスを発散できるような気持ちが安らぐような空間を探してください。

ストレス解消法

男性と比べて、女性は人とおしゃべりをする事でストレスを解消しようとする傾向が強いです。

 

でも例えば、一人暮らしの人だと「人と話をする機会」は激減します。

寂しくなる度に実家に電話をかけるわけにもいきませんし、何かある度に友達に愚痴ってしまうのも気が引けるものです。
そういったため込むタイプの人がとる手軽なストレス発散方法が「食べること」です。

 

特に甘いものを食べると、脳からドーパミンという幸せを感じるホルモンが分泌されます。

ひとときでも寂しさを紛らわしたいのは分かりますが、こういった習慣があるといつまでたっても痩せられません。

 

食べてる時は幸せでも、すぐにイライラとしてきませんか?

ドーパミンはものを食べるとすぐに分泌されますが、数十分で効果が切れてしまうからです。

 

こんな風に、食べてストレスを発散しないようにするのに一番いい方法は、緊張がほぐれていくようなあなただけの安らぐ空間を見つけ出すことです。

 

私がカウンセリングをしている時に、よく勧めるのは「落ち着いた雰囲気の喫茶店」です。

カウンターで優雅にコーヒーを淹れるマスターをぼぉーと眺めながら店内に漂うコーヒーの香りを楽しむ。

スマホもいじらずにただただぼーっとしてみる。

 

自分の日頃 溜まりに溜まったストレスがスーッと抜けていくのが分かります。

 

だから、ストレスが溜まってきたと感じたら、仕事帰りにでもいきつけの喫茶店に足を運んでみてください。

そこで、香りのいい美味しいコーヒーを飲んで、ストレスをその場に置いてくるわけです。

 

現代はストレス社会です。

誰もが大なり小なりのストレスを抱えて生きています。

 

別に喫茶店じゃなくってもいいので、ストレスが原因で無闇に食べすぎてしまうって人は、自分の落ち着けるような空間を探してみてください。

 

スーパー銭湯や健康ランドなんかもいいんじゃないでしょうか。

漫画喫茶に入って、何も考えずに好きな漫画を読みふけってみるとか。

好きなバーでまったりと時間を過ごすことが好きだという人もいます。

 

ストレスに負けそうになってしまう人は、ストレスをそこに置いてこれるようなあなただけの隠れ家を見つけてみてください。

結果的に食べる量が減って、ダイエットの成功率も跳ね上がります。

次 → ストレスを溜めずに基礎代謝を上げる薬で今すぐに痩せる方法とは

→ 結局、正しいダイエットってどうやればいいの?

サブコンテンツ