痩せてみんなを見返したい!って人は成功する理由

「痩せてキレイになりたい!」というポジティブな感情よりも、「こんな太っている姿をどうにかしたい…」といネガティブな感情で取り組んだほうが、ダイエットは上手くいきます。

向上心よりも、劣等感のほうが大きなパワーを持っているからです。

ですので、あなたが「痩せてみんなを見返したい!」と悔しい思いをしているのなら、逆にラッキーですよ。

 

ダイエットしたいけど何だかやる気が起きないなーって人には、わざと自分のプライドを少しだけ傷つけることをお勧めすることもあるくらいです。

絶望するくらい悲観的になるのはダメですが、ちょっとヘコむと逆に自分が置かれている状況を客観視できます。

 

悔しさをうまく使えばあなたの背中を押してくれる動機づけになって、やる気のスイッチを入れてくれます。

 

例えば足が太いことを気に病んでいるのなら、ショートパンツをはいてちょっと近所を散歩してみるとかです。

嫌すぎるなら会社の制服のようなタイトスカートがおすすめ。

正直、こっ恥ずかしいです。

 

でも、普段の服装では意識しないような体のパーツの細かい部分が見えてきます。

太もものぜい肉がダルダルだったり、ふくらはぎがパンパンになってたり、普段はあえて見ないようにしていたありのままの自分が見えるようになります。

 

それらを人から見られることでも「痩せてみんなを見返してやりたい!」っていうやる気が嫌でも湧いてきますよ。

 

あなた以外が全員、スタイルのいいスリムな人が集まる女子会に飛び込んでみるのも刺激になります。

名の知れたメイクアップアーティストがメイクのやり方を教えてくれるようなイベントに参加してみるのもいいですね。

 

そういう会場に集まる人たちって物凄く美意識が高いので、そういう人たちと交わることで誤魔化しの効かないありのままの現実を直視しないといけなくなります。

人と自分を比べることで、「もっとスタイルが良くなりたい!」っていう意識が強烈に高まります。

 

ここで惨めな気持ちになっちゃダメですよ。

人は自分の未来に絶望して「もうずっとこのままダメなんだ…」と思ったら再起不能になってしまいます。

 

スタイルのいい人たちをみたら、悔しい思いをして「あれは努力した未来の自分の姿なんだ」と考えるようにしましょう。

 

悔しい思いをして、本当に変わりたいと思えるからこそ本気モードになる。

本気になればダイエットくらい誰でも成功させることが出来ます。

 

その動機の部分が強ければ強いほど「未来のあなた」に近づける可能性はぐっと高まっていきます。

周りを見返してやりたい!っていう負の感情は相当なパワーがあるので、そのパワーに飲み込まれるんじゃなくってうまく使いこなしてやりましょう。

次 → 負のパワーを活かして今すぐ確実に痩せるにはどうすればいいの?

→ ダイエットの基礎を詳しく知りたい人はこちら

サブコンテンツ