食べてないのに痩せない原因は?

まず最初に知って欲しいのは、あなたは「摂取カロリーよりも多くのカロリーを消費すれば、必ず痩せる」という事です。

痩せるためには

摂取カロリー < 消費カロリー

にする。

ダイエットの大原則です。

食べたよりも多くのカロリーを使えば嫌でも痩せますし、摂取カロリーの方が多いと誰でも太ります。

食べてないのに痩せない…

それでいて、食べてもいないのになぜだか痩せない…ってこともあります。

なんで体重が減らないのか。

それは、あなたの体が「省エネモード」に入っているからです。

 

人の体は食べる量が少なくなると、食べ物が無い危ない状態になってしまったんだと脳が認識します。

その時は、今まで蓄えてきた脂肪を使うわけじゃありません。

 

ムダな消費カロリーを抑えることで、なるべく少ないカロリーでも生きていける状態にしようとします。

脳は命の危機が迫っていると勘違いしているわけですから、むしろ脂肪を使おうとしません。

脂肪は大事な予備エネルギーですので、本当に困った時のためにとっておこうとするわけです。

 

あなたがダイエットをしていて、順調に体重が落ちていっている時でも、「ある時なぜか、体重が減らなくなる」なぞの現象に襲われます。

これがいわゆる「停滞期」です。

 

停滞期というのはダイエットで少なくなってしまった摂取カロリーだけで、本当に問題なく生きていけるのか?を検証している時期です。

省エネモードを解除するには?

もともと、人のには体の状態を一定に保とうとする「恒常性」という機能を持っています。

 

例えば、冬でも夏でも体温って36度くらいで一定ですよね。

体は何か「今までと違うこと」が起こると、すぐにブレーキを踏みます。

体は極端な変化を嫌うからです。

 

ダイエットをしていても、いきなり今までの体重が減りはじめると飢餓状態になってしまったと体が勘違いします。

そうすると恒常性が働く。

 

もしもの時に備えて少ない食べ物から多くの脂肪を蓄えようとするし、消費エネルギーももしもの時に備えてなるべく減らして省エネモードに入っていくわけです。

この時の唯一の対策は「今まで通り、普通にダイエットを続けること」だけです。

 

一応、チートデイという裏技もありますが、これは奥の手。

→ チートデイで停滞期を無理やり脱出させる方法

 

食べてないのに全然痩せない…ってなっても焦ること無く、何事も無かったようにダイエットを続けてください。

そうすると、体は自然に「あ、別に今の状態でも生きていけるんだ」と安心して、脂肪を使いはじめるので体重は落ちるようになります。

 

この停滞期ですが、何度もダイエットに失敗してリバウンドを経験している人ほど長く続きます。

リバウンド経験者は「カロリーが少ない状態」への危機感が強い体になってしまっているからです。

 

急に痩せた後にまた太ると体は「痩せ過ぎたのなら、また脂肪を蓄えれば安全なんだ」と認識してしまうわけです。

 

こうなってしまった人は、なかなか停滞期を脱出することが出来なくなって、人によっては1ヶ月以上続いてしまう事もあります。

停滞期が2ヶ月以上続いてしまっているのなら、完全に「消費カロリーと摂取カロリーが釣り合っている状態」です。

 

体が「少ないカロリーでも生きていけるし、このままで生きていこう」と思っているわけです。

こうなったらダイエットの見直しが必要になります。

 

この時に焦って摂取カロリーを減らすと逆効果。

ますます体は「このままではまずい…」と脂肪をため込むようになっていきます。

 

だから、こんな時には摂取カロリーを減らすのでは無くて消費カロリーを増やすようにしなければなりません。

一番手軽なのは運動です。

1日のうち少しでも体を動かす時間を作りましょう。

 

ただしあなたの体の1日の消費カロリーのうち7割は基礎代謝です。

運動で消費できるカロリーは3割 程度。

 

つまり、基礎代謝を上げることを考えるほうが一番現実的に痩せることが出来るわけです。

基礎代謝を上げるには、体の筋肉の量を増やす方法と、基礎代謝を上げる漢方薬を使う手があります。

 

筋肉は5キロ増えると、1日の基礎代謝は100kcal増えると言われています。

ですので、運動はその日その日の消費カロリーを減らすためじゃなくって、基礎代謝を増やすためにやりましょう。

 

もう一つの手段が痩せる漢方薬を使う手です。

肥満外来という病院で、肥満患者を治療する時に使われる薬なのですが、健康な人でも効きます。

私は痩せる漢方薬で30キロ以上痩せることが出来ました。

 

これはその時の体験談です。

基礎代謝を上げる漢方薬を使って30キロ痩せた体験談

サブコンテンツ