ダイエットがきついときに知って欲しいこと

あなたが「ダイエットがきつい…」と思っているのなら、それは無駄にキツすぎる事をしているだけです。

早く痩せたい気持ちは分かりますが、ダイエットはあまり小難しく考えずに、シンプルにしたほうがうまくいきます。

ダイエットがきつくなってきた

私が78キロの肥満体だった頃、全然 痩せなくって深く考えてはすぐに落ち込んでいた時期がありました。

自分に自信が無い人は何をやっても心のどこかで「どうせ今回も上手く行かないんだろう…」と思ってます。

 

「きっと上手くいく、とにかくやってみよう」じゃなくって、「どうせダメだろうけどやるだけやってみるか」と考えるとやっている事は同じなのにしんどさは2倍以上です。

 

私がダイエットがうまくいって無かった時はとにかく痩せるための勉強をしていました。

するとある時、「ダイエットのルールが多すぎると痩せない」

「ルールがギッチギチのキツすぎるダイエットはかえって上手く行かない」

事が分かりました。

 

とにかく早く痩せたいと思っている人ほど、無意味にキツすぎるルールを自分の中で作り上げて追い込まれていきます。

 

「毎日公園に行って3時間以上歩く」とか「毎日エクササイズを10セットづつやる」とか最初からやり通せる見込みのない目標をかかげてしまう。

そうなると、当然 達成することは出来ないわけで、残るのはダイエットに対する苦手意識とやり通せなかったという挫折感だけです。

 

「やらなくちゃ…でも出来ない…」なんて体験を繰り返し経験してたら誰だって卑屈になっていきますし、「私ってダメなんだ」って何度も刷り込まれることになるので変わりたいのに変われない自分に劣等感を感じるようになってしまいます。

 

だからそもそも、あまりにも無謀な目標設定はしないほうがいいし、小難しく考えないほうがいいわけです。

ダイエットの基本公式は「摂取カロリーよりも多くのカロリーを消費すること」

これだけなのですから。

 

高すぎる目標設定をして結局何も残らないし、負の感情だけが残ります。

だから、ダイエットがきつくなってきたら「これくらいなら余裕でできる」という小さなハードルを設定するようにしてください。

 

余裕でできる目標を1個1個乗り越えていく。

これが痩せるための最短ルートです。

 

そのためにも、あなたが今 考えているダイエット計画を見直す必要があります。

まずは、今手に持っているスマホを置いて、紙とペンを用意してください。

 

そして、その紙に「痩せるために今から取り組もうとしていること」を考えつく限り全部書いてみてください。

 

リストを書き出してみると、簡単にできる目標・難しめな目標・どう考えても非現実的な目標っていう風に、今あなたの頭の中で考えてる目標を明確に客観視できるようになります。

リストを書き出したら、すでに取り組んで続けられている目標を赤ペンでチェック。

 

頑張ってるけど達成できてない目標は、なぜ出来ないのか?の「原因」とどうやったら出来るのか?の「対策」を考えてみてください。

そこでどうにも出来そうもないものは、そもそも取り組むべきじゃないのでカットして下さい。

 

ダイエットのルールは多すぎてもしんどくなるだけですので、ルールは最大で10個くらいにしておきましょう。

「これなら、余裕で達成できる」という目標を10個作ったら、後はそれを毎日こなすだけです。

 

「ご飯は半分残す」とか、「毎日10分間は運動する」とか「毎日ダイエットの本を読んで勉強する」とかそういうので大丈夫です。

 

余裕で出来る目標を続けていくと、それは習慣になって「別に頑張らなくても出来る状態」になっていきます。

余裕で出来ることは意外とすぐ慣れますからね。

 

そうしたら、次は「前では出来そうもない…と思っていた少しハードルの高い目標」にチャレンジしてみてください。

前よりも成長しているので、出来ることは確実に増えていきます。

 

そうして今の自分のレベルにあった低いハードルを乗り越えていくと、より現実的かつ最速で痩せることができます。

 

何より「自分で決めたこと」をちゃんとやり通すことが出来たら、ダイエットは楽しくなってきますし自分に自信が持てるようになりますよ。

次 → 少しづつハードルを上げながら、着実に30キロ痩せる方法はこちら

→ TOPページはこちらから

サブコンテンツ