ダイエットの意志を強くするには?

ダイエットの意志を強くするのに一番いい方法は「ダイエットできる環境づくり」のほうを工夫することです。

メンタル部分を鍛えようとする人がいますが、大抵は失敗します。

意思を強く持つ

意思を強くするなんて曖昧な目標をかかげても「どれくらい頑張ればメンタルは強くなるのか」のはっきりとした目標設定が出来ないわけなのですから続きません。

だから、あなたの心の内側ではなく、周りの環境を変えましょう。

 

ビリーズ・ブートキャンプみたいなこと言ってる人がいますが、「そもそも、太ったことが無い人」の言う精神論はあてになりません。

 

例えば先日、テレビで某女性タレントが言っていた言葉をそのまま引用します。

「お菓子を好きなだけ食べたい気持ちはあるけど、スタイルが崩れて自分に自信を失ってしまうリスクを考えるようにしてます。

リスクを考えると怖くて食べたくなくなるので。

食事管理を甘くする自分自身を見るのが許せなくなるので、私は太ることはありません」

 

と、さらりと言っていました。

 

体型維持もお仕事の一つであるタレントはさすがにメンタルの強さが違います。

こういう人はダイエットしなくっても、そもそも太りません。

 

私のように意思が弱くって面倒くさがりで食べるのが大好きで、小学校の頃には肥満体になってたような人は「ダイエットを続けられる環境づくり」が何より大切になってきます。

具体的には、嫌でもダイエットしないといけない状況を作り出して、自分のやる気を焚き付けるわけです。

 

体重78キロ以上だった私がダイエットを初めた時、今使っている自転車を友達にあげました。

こうすれば、徒歩で片道1時間以上もかかる職場まで毎日歩いて通わないといけなくなるからです。

いつもよりも1時間早く出勤して、早歩きで歩いていました。

 

あと、自分の体を常に客観視できるように、一人暮らしだった部屋の四方に全身鏡を4つ置きました。

そして、部屋にいる時は出来るだけ下着姿で過ごしていましたよ。

 

そうすると、お腹のダルダルのぜい肉が嫌でも目に入りますし、体の醜い部分を包み隠さず見せつけられることになります。

ストレスがたまった時でも、ムシャムシャとお菓子をむさぼる醜い自分を見ていたら食欲はかってに失せます。

 

こうして以来、ドカ食いはピタッと止まりました。

 

要は「ダイエットしたいと自然と思える環境」を作り出せばいいので、あなたに合った環境を考えてみてください。

 

「3ヶ月で痩せる」と時間制限を作ってみると上手くいく人もいますし、何か達成できるたびに自分に食べ物以外のご褒美をあげると痩せていくタイプの人もいます。

 

人によってやり方は様々ですので、できる限り自分を追い込むようにあなたの「ダイエットしやすい環境づくり」を探してみてください。

次 → ダイエットしやすい環境を作りつつ、今すぐに確実に痩せるにはどうすればいいの?

→ ダイエットの超初心者はこちら

サブコンテンツ