腹持ちのいい朝ごはんってバナナ、パン、餅のどれ?

高木です^^

腹持ちのいい朝ごはんはパンとか餅とか色々な意見が出てきますが、

最強なのはバナナです。

腹持ちのいい順としては、

バナナ >>> パン > 餅

です。

バナナはいいですよ。バナナは。

 

朝ごはんとしてというよりも、

食べ物としてあんまり馴染み無いんですけどね。

ほっとくとすぐに黒くなっちゃいますし。

 

ただダイエット目的の朝ごはんとしてはバナナ一択です。

バナナが最強に腹持ちがいい

朝バナナダイエットって昔流行りましたよね。

すぐ忘れられちゃいましたけど。

 

でもあれってちゃんと根拠があって、

バナナにはブドウ糖と果糖が多く含まれているので

朝ごはんとしてかなり優秀な部類に入ります。

 

ブドウ糖ってのはスポーツドリンクなんかにたくさん入ってる成分で、

栄養を素早く吸収してくれます。

そして、果糖ってのは果物にたくさん入ってる成分で、

ゆるやかに吸収されていきます。

 

ブドウ糖がすぐ吸収されるからすぐに満腹感を感じられるし、

果糖はゆっくり吸収されるから長い間お腹にたまるっていうことで

お昼くらいまではお腹すきません。

 

それでいて一本でたったの84キロカロリー。

ご飯一杯分の三分の一です。

 

栄養も豊富でビタミン・ミネラルも満載、

食物繊維もたっぷり入ってますのでお通じもよくなります。

 

一度バナナを育てるとその土地ではしばらく作物を育てれれないレベルで、

地面から栄養吸収しまくるわけですから、

バナナの実には栄養がぎっしり詰まっているわけです。

 

私としては、朝ごはんとしてのバナナの一番の武器は

その手軽さにあるんじゃないかなーと思ってます。

片手で食べられるんで、ながら食いが許される数少ない食品です。

 

片手でバナナ食べて、

もう一方の手でパソコンのマウスいじってるみたいな感じ。

食べ終わった後は皮だけしか残らないんで、

どこも汚さず片付けられるってとこもポイント高いですね。

パンって腹持ちのいいの?

朝ごはんの代名詞がパン。

朝、遅刻寸前の少女がくわえながら走るのがパン…って

イメージがある通り即席朝ごはんって言えばパンって人は多いです。

 

とりあえず腹に何か詰め込む時の手軽さは

お米に比べて圧倒的に上ですが、

ダイエットには不向きですね。

 

まず、単純にカロリーが高い。

食べるのが食パンか菓子パンかにもよりますが、

カロリーは200kcak~400kcalとかなりの量があります。

 

パンの腹持ちの悪さはなんとなく気づいているはずですが、

問題なのは消化の早さです。

 

消化が早いと食べたらすぐに胃袋を通り過ぎて

栄養として吸収されちゃいますよ。

 

そうすると、物凄い勢いで血糖値が上がって、

そして小一時間くらいですぐに下がってしまいます。

 

血糖値が下がるとすぐに空腹感を感じるようになる・・・

腹持ちは最悪に悪いカラクリはこれです。

朝ごはんに餅ってどうなの?

毎朝、ダイエット目的でお餅を食べるって人がけっこういます。

理由は、お餅って消化にいいしカロリーも少ないからなんだとか。

 

消化にいいってのは確かなのですが、

餅1個で230キロカロリーはあるのでダイエット食としては微妙なせんです。

 

あと、消化にいいってのは胃袋に入った後の

吸収も早いってことを意味します。

 

餅ってもち米を蒸して、粘土状になったものを

ツチで突いて丸めたものじゃないですか。

 

ツチを突く工程が、餅を口の中に入れた時に「噛む」工程の

代わりをしてくれるんで吸収が早くなるんですよ。

 

そうなるとどうなるって、お米みないな

普通の炭水化物より早く血糖値が上がってしまうし、

下がるのも早い。

 

血糖値がすぐに下がるとお腹がすくのも

早くなってしまいます。

 

だから、お餅はダイエット食としても

腹持ちの良さとしても微妙なので、

実は痩せたい人には不向きな食品…ってことになってしまうわけです。

 

というわけで、ダイエットと腹持ちの良さを

兼ね備える最強の食品はバナナです。

 

毎日スーパーで売ってますので、

今日の夕飯の買い出しのついでに

試しに手にとってみてくださいな。

 

朝ごはんの後に、というより食後に

痩せる成分の入った漢方薬を飲めば

めちゃくちゃ痩せれますよ。

病院で使われてる医薬品は痩せる効果があるからです。

次 → 食後に漢方薬を飲んで30キロくらいは痩せる方法とは

サブコンテンツ