生理後は何日で何キロ痩せるの?

女性の体の一番痩せやすい時期は生理後です。

代謝を活発にするホルモンが分泌されるので、脂肪が燃えやすくなるからです。

この時期に本腰入れてダイエットすると1ヶ月で5キロくらいなら痩せられます。

ただ、生理後だけ…という話になるので、実際にダイエットに取り組むのは2週間だけ。

短期決戦になります。

生理の後は痩せやすい

女性の体の代謝は生理周期のサイクルに沿って、上がったり下がったりします。

 

別に、運動する量を増やしたり、食べる量を減らしたわけでも無いのに体がズッシリ重く感じる時期ってありますよね。

逆に、何故か体が軽くなって気持ちが前向きになる期間が1ヶ月周期でやってくる。

 

これは生理中に分泌されるホルモンの影響です。

 

このホルモンの違いによって、生理前と生理後では同じ内容のダイエットに取り組んでも結果が違ってくる。

それはなぜかって、その時期に分泌されるホルモンの量によって代謝の活性化具合が違ってくるから。

 

生理が終わった直後の2週間は代謝が活発になって痩せやすくなる時期です。

代謝が活発になるので、摂ったカロリーは片っ端から燃やされていくので勝負はこの2週間になります。

 

逆に、次の生理の準備期間に入ると代謝は極端に悪くなって痩せにくくなります。

体全体に水分がたまってむくんで体重も2キロくらい増えますし、努力してもなかなか痩せられなくなってしまいます。

 

だから、生理前にダラダラダイエットに取り組むよりも、生理が終わってから一気に痩せてしまったほうがストレスも無いし効率的になるわけです。

ダイエットは短期集中で終わらせる

女性なら、生理はかならず来ます。

つまり、生理からくる代謝の変化や精神状態の不安定さからは逃れられないということです。

 

それだったら、「痩せる時期(生理後)」だけに焦点を絞ってダイエットに取り組んでいきましょう。

痩せる時期なら、男性よりも代謝が活発になって痩せやすくなります。

この条件を活かさない手はありません。

 

だから、生理後の2週間でやるべきことはなるべく運動や食事制限に取り組んで「いかに痩せるかの努力」をすること。

逆に、痩せにくい生理準備期間に入ると焦らずに「太らない努力」をするべきです。

 

痩せにくい時期を乗り切る方法はこちらにまとめてあります。

↓ ↓

生理前のダイエットの「太らない方法」とは?

サブコンテンツ