生理前は痩せない最悪の理由とは?

生理前は、女性ホルモンであるプロゲステロンがたくさん分泌されます。

プロゲステロンには水分をため込もうとする作用がある。

 

だから、「体重が減らない」=「痩せない」って事になるわけです。

別に、脂肪が増えたわけじゃないので、そのまま待てば勝手に痩せるようになっていきますよ。

「ダイエットは日々の努力の積み重ね」

そういってコツコツ頑張ってるのになぜだか体重が減らない…。

むしろ増えてる…。

 

こういった徒労感が積もって、ダイエット続けるのがダルくなって止めてしまった。

そんな経験がある人は多いはずです。(私も肥満時代 何度も経験しました)

 

なぜ痩せないのか?

 

これは生理周期と深い関わりがあります。

生理周期は大きく分けて4つ。

 

それぞれの時期で、ダイエットをしているあなたの心に与える影響が変わって来ます。

① 月経期

生理周期を考える時には「いつ生理が起こったのか」を中心に考えると分かりやすくなります。

生理にあたるのがこの時期です。

 

この時期は精神的にも不安定で、ダイエットやっても失敗することが多い時期です。

② 卵胞期

生理直後がこれ。

卵胞期は体温が低くなるから「低体温期」と呼ばれることも。

 

女性ホルモンのエストロゲンの分泌が盛んになって、ちょっとずつ元気になってきます。

ダイエットを初めるのに最適な時期。

③ 排卵期

生理が終わってから二週間後がここ。

気分が活発になって、ダイエットも順調に進んでいきます。

④ 黄体期

排卵期が終わってプロゲステロンの分泌が盛んになってきた頃です。

イライラやむくみなどの体調不良が現れはじめます。

この時期はなにをやっても何だかうまくいかない。

 

うまくいってても、「うまくいってる感」がしない時期です。

ダイエットを初めるには最悪なタイミングがここ。

生理前に太る最大の理由

生理前に何故か太る…っていうのは、ただ単にむくんでいるからです。

ダイエットしてるのに逆に体重が増えてる…。

そういった時って大抵 生理前ですよね。

 

これは④の黄体期に分泌されるプロゲステロンのしわざです。

 

っていうのも、プロゲステロンには体に脂肪や水分を蓄えようとする性質があるから。

水分が体に溜まると、太ったわけじゃないのにパンパンに腫れて体重が増えます。

 

水は脂肪よりも重いので、大体2キロくらいは増えます。

でも、これはあくまでも生理現象。

体の脂肪が増えたわけじゃないので、2週間経てば体の水分が抜けて元に戻ります。

 

これは、生理の後に分泌されるエストロゲンの作用

エストロゲンには、代謝を良くして水分の代謝を高める作用があります。

生理の後って体が軽くなった感じがしますよね。

 

体調も良くなるし、ダイエットには最適なのがこの時期。

女性である以上、生理周期ってものからは逃れららないし、その生理周期には「太る時期」と「痩せる時期」というものがあります。

 

だから「太る時期」には”太らない努力”をして、「痩せる時期」に痩せられるだけ痩せとく…って考え方がベストになるわけです。

痩せる時期の正しいダイエット方法はこちら↓で説明してます。

→ 痩せる時期に痩せておく正しいダイエット方法

サブコンテンツ