辛いものは汗が出て痩せる…って説を検証!

辛いものは汗が出て痩せるっていうけど、痩せるのは辛いものが「酵素を活性化」させるからです。

唐辛子が入っているような辛い料理を食べると脂肪が燃えるって話はよく聞きますね。

昔々、カプサイシンダイエットってものが流行ったことがありましたね。

実際、辛いものには脂肪燃焼の効果があって、ボディービルダーみたいな体を「絞らなきゃ」いけない人はみそ汁に七味唐辛子いれるくらいです。

体内酵素の活性化

辛いものには体内の酵素を活性化させる働きがあります。

食べ物から取り入れたカロリーをエネルギーとして燃焼させるには酵素が必要になります。

 

その酵素を活性化させることで、食べ物の消化や分解が早くなります。

すると、体全体の代謝が活性化されて痩せやすくなるってわけです。

一番痩せるのはカプサイシン

激辛料理を食べていると、どんどん汗ばんできますよね。

あれって体内の酵素が活性化されている状態です。

 

するとカロリーが熱に変わって体温が上がっていくから汗が吹き出すわけです。

 

辛いものにはスパイスがよく使われますが、一番ダイエット効果の高いものが唐辛子に含まれるカプサイシン。

カプサイシンは交感神経をダイレクトに刺激します。

 

交感神経は体の脂肪を分解するホルモンをドクドク分泌させるので、さっき話した酵素活性化とダブルのダイエット効果があるわけです。

カプサイシンのいいところは、何よりも即効性があるところ。

 

食べ物が脂肪として取り込まれる前に片っ端からエネルギーとして燃やしてくれるので、体に脂肪が溜まりにくくなります。

唐辛子がたっぷり入ったソバや、キムチなどを食べると体がすぐに暖かくなって…冷房が効いてても熱くなります。

 

これはカプサイシンの作用で、カロリーが即効でエネルギーに置き換わって燃やされていく。

つまりは、代謝が高くなっている証拠です。

 

同じような効果がスパイスをあげると、コショウ・しょうが・にんにくくらいでしょうか。

今のところダイエット効果があるのは唐辛子がトップクラス。

 

減量トレーニングする人がみそ汁に唐辛子いれるもの頷けます。

唐辛子は香辛料であって、食べ物ではありません。

 

つまりは、いつも食べている料理に少し振りかけるだけでダイエット効果が出るわけで、すぐに使えるという意味でも即効性があります。

みそ汁に合うかどうかは分かりませんが、ダイエット中なら絶対に使ったほうがいいアイテムです。

 

冷蔵庫の七味唐辛子はいつも切らさないようにしましょう。

ただ、痩せるにはその場だけ代謝を上げるよりも「基礎代謝」を上げたほうが確実に痩せれます。

 

基礎代謝を上げればすぐに痩せる理由はこちらの記事にまとめてますので、今すぐ痩せたい読んでみてください。

→ すぐ痩せたいのなら基礎代謝を上げろ!

サブコンテンツ