太らない酒の飲み方!つまみが全ての元凶だった…

お酒に入っているカロリーのほとんどは熱になって体に残りません。

だから、お酒は太るってのは嘘。

原因はつまみの選び方にあります。

 

太りたくないのなら、つまみは低脂肪・低炭水化物

出来ればカロリーが低くって食物繊維が多いものを選ぶようにしましょう。

例えばこういうの↓

こういうコンビニで売ってるやつ↓

なんだか最近お腹にお肉が乗っかるようになってきた…。

そんな時に飲んでいるお酒のせいにする人がいますが、問題なのは飲み方のほうです。

 

そんなわけで今回は太らない酒の飲み方をご紹介します。

お酒では太らない

ビール500mlのロング缶一本でおにぎり一個分のカロリー。

だからダイエットはお酒は禁物…って言ってる人がいますがそれは間違い。

 

アルコールはエンプティカロリーといって、脂肪にならずに分解されるものだからです。

体にとってアルコールは毒物ですからね。

肝臓が必死になって分解してくれます。

 

それに、アルコールには血行を良くしたり、体のカロリーを熱に変える働きもあります。

お酒のんだ時って体が火照りますよね。

 

同じカロリーのお酒を飲むよりも、おにぎり食べるほうが太ります。

お酒は上手に飲むと太る原因にはなりません。

つまみで太る

お酒が好きな人ってお腹がぽっこり出ている人が多いです。

それに、年末年始の忘年会で太ってしまった…って経験がある人は少なくないはず。

 

実はそれって、お酒を飲みすぎたからじゃなくって、お酒のお供になるつまみを食べすぎたからです。

お酒が進むとついつい飲みすぎるし食べすぎます。

 

自制心が低くなるのに加えて、アルコールには食欲増進作用があるからです。

 

それにアルコールが体に入ると、食べた揚げ物や炭水化物は脂肪になって体に蓄えられやすくなります。

 

だから、おつまみは枝豆や冷奴のようなタンパク質の多いものを選びましょう。

おでんやサラダのような低カロリーなものも食べ過ぎの心配はありません。

 

逆に、ピザのような炭水化物と油の塊のようなつまみは避けましょう。

ちなみにお酒の種類によってカロリーが違う…ということはほとんど無かったりします。

 

ビール350mlは140kcal。

日本酒は一合の180mlで185kcalです。

 

ただし、女性に人気のカクテルは砂糖がたっぷり入っているのでカロリーは倍以上と考えてください。

同じ理由で、フルーツが入っているタイプのチューハイも高カロリーです。

 

お酒自体のカロリーの違いは誤差の範囲で、あくまでも注意するべきなのはつまみのほう。

酔ってしまったら自制する自信が無い人ほど、低カロリーなつまみを選びましょう。

サブコンテンツ