嘘…スマートレッグは痩せないの?

スマートレッグは痩せない…って言ってる人たちがいますが、半分は正解です。

なぜなら、スマートレッグは「脂肪をとるため」のものじゃなくって「むくみをとる」ためのものだから。

その辺 はき違えると「嘘だったの…?」ってことになるので要注意です。

スマートレッグは痩せない?

スマートレッグは足全体に圧力を加えることで、血行を良くしてむくみを解消する圧迫ストッキングです。

一般的なストッキングって足が細くなるのは「履いている時だけ」ですよね。

 

スマートレッグは足の血の巡りを良くするように作られているので、足に余計な水分がたまらずに細い足を作ってくれます。

 

そもそも足が太くなる理由の大半はむくみが原因です。

季節が夏でも冬でも関係なくむくむ人は年中むくんでます。

これは、足のくみの原因が細胞と細胞の間に余計な水分が溜まってしますからです。

 

普通、使わない分の水分ってものはリンパ節に吸収されていきますが、代謝の悪い人はその吸収が上手いこといきません。
だから、その代謝を良くする…つまり血流を良くすることでむくみを取ってしまおうというのがスマートレッグの狙い。

 

足がむくんでいる時に、ふくらはぎから太ももにかけて揉みほぐしたら少しだけむくみが治ったって経験はありませんか。
むくみの原因の過剰な水分はも揉んで圧力をかけると移動します。

だから一時的にではあるけど、軽く揉むだけでむくみってものは取れるわけです。

 

でも、それだからって年中もみ続けってわけにはいきませんよね。

そこで使うのがスマートレッグみたいな圧迫ストッキングなわけで、履いていると足の付根を中心に圧力が加わって血行を良くします。

 

すると、余計な水分が排出されはじめるので、むくみがとれて足が細くなるってわけです。

脂肪が燃焼するってのは嘘

たまにスマートレッグは圧力をかけて足の筋肉を鍛えて引き締めているから足が細くなる…って言ってる人がいますが、足の筋肉とは何の関係もありません。

この手の圧迫ストッキングの効果は「代謝を良くすること」であって、「インナーマッスルを鍛えること」は無関係だからです。

 

痩せる系のストッキングの仕組みは「足に圧力をかけること」と「足を温めること」の2タイプあります。

 

どちらのタイプも目的は足の「代謝を上げて余計な水分を排出させる」ことです。

圧力をかけるのと、温熱効果で代謝を良くするのってどっちが足が細くなるの?って思う人が多いですが、これはもう体質によりますので、両方使ってみてあなたにあったものを探すしかありません。

 

スマートレッグは圧力をかけるタイプになります。

 

スマートレッグ使ってると「なんか普段使ってるストッキングより伸び縮みしないなー」ってことに気づきます。

これは、足を細くする目的で作られた圧迫ストッキングは足の部位によってかける圧力が調整されているからです。

 

ふくらはぎ部分には高い力を、太もも部分には弱い圧力を…って言う風に足の上へ上へと行くに従って圧力が良くなっていく。

そうすると、足の下から上へと血液が流れるので、余計な水分が流れ出ていきます。

 

むくみのもみ出しと同じ効果が得られるわけです。

 

ただし、スマートレッグに効果があるのはあくまでも「むくみ」であって、足が太い原因が「余計な脂肪がついているから」の場合にはほとんど効果はありません。

スマートレッグは血流を良くする効果はあっても、脂肪を燃やす効果は無いからです。

 

脂肪がついて足が太いってタイプの人は、痩せる漢方薬を使うのがおすすめです。

漢方薬は基礎代謝が上がるので脂肪をすぐに燃やしてくれます。

→ 漢方薬で基礎代謝を上げてすぐに痩せる方法

サブコンテンツ