嘘…カロリナ酵素プラスは痩せないってマジで?

高木です。

カロリナ酵素プラスを飲んで痩せないって人がいますが、それはただ単に「痩せるための努力」をしてないから。

カロリナ酵素プラス

飲むだけでみるみる脂肪が削ぎ落ちていくって類のものじゃないので、飲んだだけでは脂肪は落ちてくれません。

ただし、カロリナ酵素プラスの効果は全部嘘みたいに言う人もいますが、使い所を間違えているだけです。

 

正しく飲めば普通に効果あります。

カロリナ酵素プラスは嘘?

カロリナ酵素プラスは食べ物から入ってきた糖質と脂質の吸収を抑えてくれるブロック系サプリメントです。

 

公式サイトでは特許取得成分として、リポサンウルトラとかがあげられていますが、こいつのメイン成分は「ガルニシア」と「キトサン」です。

一番多く入ってる成分がこの2つ。

 

カロリナ酵素プラスのパッケージ裏の原材料表 見てみてくださいよ。

”キトサン含有加工食品”って書いてあります。

キトサンって?

じゃあ、このキトサンってどんな成分なの?って脂肪の吸収を抑えてくれる食物繊維のこと。

キトサンを摂った状態で油ものを食べたら、油取り紙のようにキトサンが油を吸ってくれます。

 

だから、余計な油を摂らなくってすむわけです。

どんぐらい油吸ってくれるの?には個人差がありますが、最大で摂った油のだいたい30%くらいと言われています。

 

太る最大の原因が油ものなので、30%も削ってくれたら御の字ですね。

油を吸ったキトサンは食物繊維なので、腸の中で吸収されずにトイレで排出されます。

 

キトサンを摂っとくってのは、お腹の中に油取り紙 敷いてるようなイメージでOKです。

ガルニシアの働き

もう一つのメイン成分はガルニシア。

こいつの役割は「糖質がお腹のお肉に分かるのを防ぐこと」です。

 

ご飯とかのお米が炭水化物の塊であるのはご存知の通り。

ダイエットしてる人ってご飯の量をなんとか減らそうとしますよね。

 

それはご飯はよく食べる割に、油に次いでお腹のお肉に変わりやすい成分だからです。

ダイエット中はあんまり摂らないのがベター。

 

でも、炭水化物は人が生きていくためのメインエネルギーになるので、少しも摂らないようにするってのはかえって不健康になってしまいます。

だから、炭水化物を「エネルギーとして使う」だけで「脂肪として溜め込まないようにする」のがガルニシアの働き。

 

ガルニシアは脂肪の合成酵素の働きを鈍くしてくれるので、炭水化物が脂肪になりにくくなります。

そうすると、脂肪としてため込むこと無く炭水化物がエネルギーに変わってくれるわけですよ。

それで、これ飲んで痩せるの?

糖質と油の吸収を抑えてくれるのがカロリナ酵素プラスの働きでしたね。

これはブロック系サプリの宿命なのですが、ブロック系は「余計なカロリーを摂ることを防ぐため」に飲むのであって、飲んだだけで痩せるみたいなことはありません。

 

確かにガルニシアには脂肪の燃焼効果がありますが、それは運動してから発揮されるものだし、メインの役割はやっぱり「カロリーを抑えること」です。

つまり、太りにくくするのであって、飲んだだけで何もしないで痩せるっていうのは無理ってことです。

 

でもだからってカロリナ酵素プラスの効果が嘘ってわけではありません。

ダイエットで大変なのは体重を減らすことよりも、スリムな体型を維持すること。

 

あくまでも守りになってしまいますが、カロリナ酵素プラスは普通にダイエット効果はあります。

ただ、太りたくないんじゃなくって、今から痩せたいって人には微妙かもしれません。

 

これ以上 太らないようにするにはいいかもしれませんが、脂肪を削ぎ落とすにはもっと攻めのアプローチが必要。

なので、痩せたいって人は基礎代謝を上げることを考えてください。

 

基礎代謝さえ上げれば「痩せやすい体質」になるので、めちゃくちゃスムーズに脂肪が削ぎ落ちてくれます。

痩せる体質になるには漢方薬がおすすめです。

 

燃焼系サプリよりも、医薬品として使われている漢方薬のほうが強力だからです。

漢方薬で基礎代謝を上げるとすぐに痩せる理由とは?

サブコンテンツ