スマート菌に副作用が…下痢っちゃうの?

高木です^^

「菌活」なる新しい日本語を生み出してしまったスマート菌

スマート菌

たまに副作用があるんじゃないの?って言う人がいますが、これ飲んだからって何かしらの症状が出るってことはありません。

 

飲んで下痢をしてしまうって人でも増えすぎた乳酸菌は勝手に排出されますので時間がたてば体が慣れます。

スマート菌に副作用ってあるの?

スマート菌は腸内の乳酸菌を育てる腸内環境完全サプリです。

 

育てるのが目的なので副作用はありません。

乳酸菌ってのは腸内で乳酸を作り出してくれる菌のこと。

 

ビフィズスとかラフレが有名ですね。

この乳酸菌はヨーグルトにも入っていますが、大半は胃酸でやられるので腸内までには届きません。

 

じゃあどうやって腸内環境を良くするのか?

腸内に「エサ」を送り込んですでに腸の中に住み着いている乳酸菌を増やすのが一番の近道。

これがスマート菌の役割です。

 

黒糖やオリゴ糖がたくさん入ってるので、これをエサとして送り込む。

そうすると乳酸菌が増えるので腸内環境が良くなるってカラクリです。

 

そもそも何で腸内環境を良くする必要があるのかって、腸が荒れると太りやすくなるからです。

 

腸の働きが鈍くなると、それだけ食べ物のカスが腸の中にとどまる時間が長くなってしまいます。

要は、便秘になってしまうわけです。

そうなると余計なカロリーを吸ってしまう。

 

だから食べたものは生きていくために必要な栄養だけを吸収して、余計なカロリーを吸収する前にさっさと排出してしまう方がいいわけです。

 

で、その腸の環境の良し悪しを決めるのが悪玉菌の数です。

乳酸菌は善玉なので、増やせば悪玉と戦ってくれます。

 

つまりは、悪玉の数を増やさないために体の中の善玉を増やす。

 

悪玉が増えなかったら腸内環境は悪くならない。

腸内環境が悪くならなかったら便秘にならないのでダイエット効果があるってわけですよ。

 

ここまでの話を聞いて分かる通り、乳酸菌を増やすことは「太らないため」の肥満対策であってダイエットの効果としてはかなり間接的。

肥満予防は太らないための保険であって、痩せるための治療ではないってことです。

 

じゃあスマート菌にはほとんど効果がないかってそんなことありません。

2006年に腸内環境を最悪にしたマウスと良くしたマウスを同じ環境下で育ててみるって実験が報告されています。

 

結果は腸内環境のいいマウスが明らかに痩せている。

実際に、腸内環境を良くすることでダイエットに効果があるって事が証明されてるわけです。

 

ただし、この手の体質改善系のサプリって効き目は飲んだ人の体質にかなり左右されます。

下痢してしまった人は効きすぎた証拠。

 

それを副作用と勘違いされているみたいです。

 

飲んで何の効果も無かったって人は効かない体質なのか、それともその人は元々 腸内の環境が悪くない人だったか。

どうなるかは飲んでみないと分からないし、効いても効果は間接的なものなのでどれだけ実感出来るのかは微妙なこと。

 

ピンポイントで痩せたいのなら基礎代謝を上げるのが一番の近道です。

 

どれだけお腹の調子が良くなったって脂肪が燃えないことには痩せようがありません。

詳しくはダイエット実践記読んでください。

基礎代謝を上げて痩せたダイエット実践記

サブコンテンツ