スリムフォーは効かない…嘘だったの?

高木です^^

最近やたら持ち上げられる葛の花サプリ。

今更感は凄いのですが、飲めばちゃんと効果はあります。

スリムフォー

スリムフォー飲んで効かないって人は運動してないだけです。

葛の花サプリは脂肪の燃焼を「助ける」サプリ。

 

脂肪が燃焼するには運動が必要なので、飲んだだけじゃ痩せませんよ。

スリムフォーは効かないの?

スリムフォーは体の内蔵・皮下脂肪を減らすのを助ける葛の花イソフラボンサプリです。

 

これ飲んどいて運動すると脂肪の燃焼率が上がります。

全然効かないってことはほとんど考えられません。

 

でも、食事制限とは正直あまり関係なし。

 

葛の花ってなんだか真新しげに紹介されてますが、こいつは日本古来からある伝統植物。

もともとは二日酔い対策のお薬として使われてきました。

 

じゃあ、なんでダイエットサプリとして使われるようになったかって2,000年初期に肥満の社会問題が深刻になったから。

なにかダイエットに有効な成分ないかなーって各研究所がしのぎを削って研究。

 

それでその時に「お、こいつはダイエット効果あるっぽいぞ」と注目されたのが葛の花のイソフラボンってわけです。

結局、やせ薬みたいに医療機関では使われなかったもののスリムフォーみたいな市販品が出回るようなりました。

 

葛の花の脂肪を減らす効果はちゃんと第三機関で証明されてるので効果は折り紙付き。

 

飲んで痩せるかどうかは別として「脂肪に働きかける効果」はあります。

どんな効果があるのかって脂肪の燃焼効果と、脂肪の合成防止です。

 

カロリーを消費する以上にとりすぎると脂肪に変わってしまうのはご存知のとおり。

そのカロリーはどうやって脂肪に変わるのかって、肝臓で中性脂肪ってものに合成されるからです。

 

で、葛の花はこの中性脂肪の合成をおさえてくれる働きを持っています。

するとおさえられた分のカロリーは脂肪に変わる手段をなくします。

 

エネルギーとして消費されるしかありません。

だからカロリーが余計に体にたまるのを防いでくれる。

脂肪の合成を防いでくれるわけです。

 

葛の花にはもう一つ重要なダイエット効果があります。

脂肪の燃焼効果です。

 

一度体にたまってしまった脂肪はどうにかしてエネルギーに変えなきゃ一生お腹にこびりついたまま。

そのこびりついたやつを引っ張り出してくれる効果があるわけです。

 

もっと具体的に話しましょう。

 

体の中の脂肪はたった2種類に分けることが出来ます。

褐色と呼ばれるタイプと、白色と呼ばれるタイプの脂肪です。

 

白色は体のエネルギー源として使われます。

人間が運動する時はエネルギーが必要なわけで、エネルギーがたくさん必要になったら白色から取り出すわけです。

 

褐色は体を温めるための熱源です。

どんなにお外が寒くなっても、体の体温は常に一定に保たなきゃ生きてけない。

その暖房をつけるための燃料になるのだ褐色なわけです。

 

白色 → エネルギー源

褐色 → 熱源

 

多くのカロリーを消費してくれるのは褐色のほう。

カロリーは効率よくエネルギーに変わるけど、熱には中々変わりません。

 

大量に燃料を使わないと体が凍えてしまうので、褐色は頑張ってカロリー燃やしてくれます。

 

ここまでの話を聞いて分かる通り、ダイエットでは白色よりも褐色の脂肪を使ったほうがすぐに痩せることが出来ます。

葛の花は褐色に働きかけて脂肪を熱に変えやすくしてくれます。

 

文字通り脂肪の燃焼効果があるわけですよ。

 

ただし、葛の花にも弱点はあります。

基礎代謝を上げる成分が入ってないので、飲んだ時しかダイエット効果はありません。

体質は改善されないので、脂肪を燃やす度に飲む必要があるわけです。

 

それと葛の花サプリって基本高いです。

スリムフォーは1個9,800円。

ランニングコストは高めなのでお財布に余裕のある人しか使えません。

 

すぐに、安く痩せたいのなら基礎代謝を上げることです。

基礎代謝が上がれば、脂肪を燃えやすい「痩せやすい体質」になるからです。

 

痩せる系の漢方使えば基礎代謝はすぐに上がります。

詳しくは基礎代謝を上げてみた体験談読んでみてください。

基礎代謝を上げて30キロくらい痩せたダイエット体験談

サブコンテンツ