フィールサイクルで痩せた人のブログを検証して分かったこと

高木です^^

今回はフィールサイクルで痩せきれたって人のブログを20個ぐらい分析してみたので、「結局どうすれば痩せれるの?」って部分を紹介してみようかと思います。

結論から言うと、痩せたって人は例外なく「消費カロリー」じゃなくって「基礎代謝」を上げることを意識してます。

つまりは、「痩せようとしてる」んじゃなくって「痩せやすい体質を作ろうとしている」わけですよ。

 

フィールサイクルは暗闇の中で音楽を聞きながら自転車をひたすらこぎまくるというシンプルなフィットネス。

腹筋とかダンベル体操とかもするけど基本こいでる。

 

これを1レッスン45分です。

この45分の間に消費できるカロリーは最低でも400kcal。MAXでは800kcal。

 

800kcalとかダイエット中の朝食2食分に匹敵しますし、1日1レッスンでも真面目にやれば普通に痩せれます。

 

5年くらい前からでしょうかね、クラブみたいな薄っすらとした暗闇の中で運動をするといういわゆる「暗闇系フィットネス」が流行りはじめたのは。

この手のものが流行った理由は意外なことに「続けられる」から。

 

暗い部屋で運動してると視界から集中力を妨げるものが消えますし、深夜テンションになってフィットネス特有のこっ恥ずかしさが消えるので色んな意味で「続けられる運動」だったりするわけですよ。

 

結局、ダイエットってどんなものでも続けさえすれば痩せられますからね。

 

どうすれば効率よく痩せられるか?うんぬんはあるけど、人間入ってくるカロリーよりも多くのカロリー使ったら勝手に痩せます。

使うカロリーのほうが多いのに痩せなかったら宇宙人だし、逆に太ったら植物ですよ。

 

フィールサイクルは入ってくるカロリーじゃなくって「出ていくほうのカロリー」をコントロールするタイプのダイエット法です。

食事制限して摂取カロリー下げるのもいいけど、てっとり早く確実に痩せられるのはどう考えても「消費カロリーを上げること」。

 

入ってきたよりも多く使えばいいだけなんですからやることがシンプルで「続きます」からね。

痩せない人の特徴

ただ、フィールサイクルに入ったって周りの話を聞いてもどうも短期間で痩せれたって人と、数ヶ月通っても全然痩せれなかった…という人の両極端に分かれるようです。

 

体験談ブログとか見ても全然痩せなかった…って人は結構いる。

それと同じくらい「効果があった」ってブログもある。

 

この違いはどっから生まれてくるのか?

「もともと痩せてる人は運動しても痩せようがないから」

これに尽きます。

 

身長155cmで体重45kgの人とかが「もっと痩せたい」とか言ってる。

これ以上落とす脂肪がほとんど無いんだから痩せようがありませんよ^^;

 

落ちたとしてもせいぜい1~2キロくらいです。

 

逆に、太っている人がフェットネスやると脂肪は「目に見えて」落ちていきます。

つまり、スタートの時点であなたが痩せているのかどうなのかで、フィールサイクルで痩せるのかどうなのかが決まるってことです。

 

脂肪がこってりついている人がやるとみるみる痩せていくし、今の時点でスリムな人が通っても体型をキープする以上の効果はでません。

同じことやっても体型の変化に違いが出てくるってだけですよ。

基礎代謝を上げる

じゃあ、スリムな人はフィットネスやる必要ないの?ってそんなことありません。

太らないために「基礎代謝をキープする」必要があるからです。

 

痩せたあとでも運動は続けないとお腹には脂肪が段々こびりついてきます。

なんでそうなるかって、私たちの1日に使う消費カロリーの7割は基礎代謝だから。

1日2,000kcal消費する人はそのうち、1,400kcalを基礎代謝で使っているわけです。

 

だからもともと太っている人がフィットネスやるとすぐに痩せてしまうのは消費カロリーが上がった以上にこの「基礎代謝が上がったから」なわけです。

 

その日その日の消費カロリーを計算するよりも、あなたの体の代謝をいかに高めるのか?ってとこを考えたほうが圧倒的に効果がありますよ。

どれくらい効果あるかってこれくらい違います↓

基礎代謝を上げてダイエットしてみたら…

サブコンテンツ