ゆっくり食べると太らない理由ってなんなの?

前の話でカロリーはいちいち細かく気にしなくって良いことは分かって頂けたと思います。

今回は、食べ物を口にして飲み込むまでの過程。

食べ方について紹介します。

 

毎食、ゆっくり食べると太らないって聞きますけどアレって本当のことだったりします。

 

そもそも、お腹に脂肪がたまっていくのは

食事の量が多い → カロリー過多

運動不足 → カロリー全然使ってない

からです。

 

運動不足解消もいいけど、ダイエットの基本は食事制限です。

普段とってる食事の量が、体についている脂肪の量に比例します。

 

それで、なるべく食べすぎるのを防ぐ必要があるのですが、それには「早食いのクセを治して、ゆっくり食べる」のが一番効果的です。

ゆっくり食べてる間に血糖値が上がる

なんでそうなるかって、ゆっくり食べると血糖値がゆるやかに上がっていくからです。

 

人は血液中の血糖値が上がってはじめて満腹感を感じることができます。

逆にいうと、血糖値がある一定基準にたっしてないといつまでたってもお腹がすいたまま。

 

食べ物を食べても、血糖値が上がりきるまでに20分くらいかかります。

つまり、その20分の間はどれだけ食べても満腹感を感じないわけです。

 

だから、食事はゆっくり食べて時間をかけて血糖値を上げていけば、余計に食べ過ぎることがなるくなるわけです。

満腹感も感じるので、ご飯の量に物足りなさを感じることもありません。

 

もう一つ、ゆっくり食べることが太らないことに繋がる理由があります。

 

それは、「血糖値の急激な上昇を防ぐこと

 

血糖値が上がったら満腹感 感じるんだからいいんじゃないの?って思うかもしれませんが、問題なのは「急激に上がること」のほう。

 

血液の中の糖分が増えすぎるのは危険です。

糖尿病って病気がありますよね。

あれは、血液の中の糖分のコントロールが効かなくなって起こる病気です。

 

そうなると、血液の中の糖分が体を攻撃しはじめて失明や指先の壊死のようなかなり危ない症状にみまわれる。

 

超危険な状態です。

 

体としても「うわー。血糖値が上がったぞー。下げろー!」ってなるわけで、全力で血糖値を下げに来ます。

 

その時にインスリンというホルモンが分泌されるのですが、このホルモンの役割こそが「血糖値を下げること」。

 

どうやって血糖値下げるかって、糖分を脂肪に変えて無理やり脂肪細胞に押し込んで下げようとするんです。

脂肪細胞に余計な脂肪が蓄えられまくるんですから、当然太ります。

 

だからこそ、それを避けるために早食いを止めて、ゆっくり食べる必要があるわけです。

 

・食べ過ぎを防ぐ

・インスリンを無駄に分泌させない

 

そのためにも、食事はドカ食いしないでゆっくりと時間をかけて食べて見る習慣をつけてみてください。

 

今回は食事は最低限でも20分はかけて食べなきゃいけない理由を説明しました。

youtubeでも見ながら食べてたら20分なんてあっという間ですよ。

お行儀は良くないですけどね^^;

 

次回は、ダイエットの最大の禁忌である「夜食」について紹介します。

なんで夜中ににカップラーメン食べちゃダメなの?のお話。

何故か痩せない…って人の半分くらいは夜食に問題があります。

次 → その4 夜食でぶくぶく太る理由

前 ← その2 1日のカロリーの目安は1,800kcal

半年で34kg痩せたダイエット体験談はこちら → http://mzmz5599.com/bouhuu

サブコンテンツ