フルーツダイエットで痩せた人がいない理由!デメリットだらけなので要注意

高木です。

一瞬だけ世間を賑わせたフルーツダイエット。

フルーツダイエットで痩せた人がほとんどいないのには理由があります。

理由…って言っても、

フルーツって栄養豊富だけど

かなり高カロリー食品だったりします。

 

なんとなくヘルシー感はあるけど、

高カロリー食使ってダイエットって

発想がそもそもどうなの?って話ですよ。

フルーツダイエットは高カロリー過ぎるので注意

フルーツにはビタミン・ミネラルがたっぷり入ってます。

 

だからたくさん食べても大丈夫…というより、

たくさん食べたほうがいいと思っている人がいます。

 

中には、1日の食事をフルーツだけで過ごしてしまう人も。

いわゆる単品ダイエットですね。

 

不健康ダイエットの代表格です。

 

確かに、栄養不足になりがちなダイエット期間中は

ビタミンやミネラルは注意してとらないと

お肌ボロボロになって老けます。

 

そして、一度老けた体ってのはもう元には戻れません。

アンチエイジングってのは99%嘘ですからね。

予防が唯一の解決策です。

 

話がそれましたが、

フルーツにはダイエットに嬉しい食物繊維も

たっぷり入っているので、なんとなく良さそう。

 

ここで見落としてしまうのが、

フルーツに含まれるカロリーです。

 

フルーツは高カロリー食品なので、

食べ過ぎると普通に太ります。

 

りんご1個のカロリーは135kcal。

お茶わん一杯分のご飯が大体150kcalとイメージすれば、

そう低くない数字であることが分かるはず。

 

しかも、フルーツに入っている糖分は悪名高い「単糖類」です。

単糖類ってのはブドウ糖や果糖みたいな、

物凄くエネルギー吸収の早い糖分。

 

マラソンやってる人って

スポーツドリンク飲みますよね。

 

あれはスポーツドリンクに入っている

単糖類が物凄い勢いで吸収されるから。

病院にお見舞いに行く時にフルーツ持っていくのは、

単糖類は体が弱っていても

効率よく体に取り込まれてくれるからです。

 

フルマラソン走っているわけでもない、

病院のベットで横になってるわけでもないあなたが

フルーツ食べても効率よくお腹のお肉になるだけですよ。

でも、デメリットばかりじゃない

フルーツはとり過ぎるとダメですが

デメリットばかりじゃありません。

 

「朝食べるフルーツは金の価値」とも言われます。

問題になってるのは食べすぎているからですよ。

 

お酒だってなんだって

飲み過ぎは良くないです。

 

厚生省の調査で、1日に1食フルーツを食べると

病気になりにくくなることが報告されてます。

 

その1食の目安っていうのが1日200g。

みかんなら2個。

リンゴや梨、モモは1個でだいたい200gです。

 

健康にいいだけで、

別に痩せるわけじゃないんですけどね。

 

ビタミン・ミネラルは別に普通の食材にも入ってるので、

心配ならそもそも口にしないのがベストです。

 

太りたくないんじゃなくて、

痩せたいなら漢方薬を使ってみてください。

肥満病院で使われてる漢方は強力ですよ。

次 → 漢方薬で30キロくらい痩せたダイエット体験談

サブコンテンツ