急に太った人注目!すぐ体型を戻すなら基礎代謝を上げろ

前回までで、痩せるための食生活・食事の仕方は全部紹介しました。

 

ダイエットの本何冊か読んでみてくださいよ。

違う人が書いたものを何冊読んでも書き方が違うだけで、全部同じことが書いてありますから。

 

(大学病院の先生が一般向けに書いた「まともなダイエット本」ですよ。
エステティシャンが書いた本や月刊雑誌に書いてあるのは、役に立たないのでブックオフに放流しましょう)

 

見に覚えも無いのに急に太った…。こういう人には共通点があります。

それは、基礎代謝が下がったにも関わらず、食事量を減らしていないこと。

 

急に太った体型をすぐにでも元に戻したいのなら、基礎代謝を上げて、食事量を減らす。

結局、これしかありません。

 

世の中にはダイエット本って毎年何百冊って出てますが、何だかんだで結局「運動して、食事を減らしましょう」って書いてあります。

 

つまり、フラフープダイエットだのバナナダイエットだのダイエットの方法論は色々出てくるけど、最終的な落とし所は決まっている。

つまり、太った体型を元に戻すための答えはとっくに出てるわけです。

 

「ダイエット」というマーケットが大きいがために、色んな真新しいダイエット方法が流行ったりしますが、

基本は今も昔も一緒。

 

食事と運動の改善。

ダイエットってこれだけなんです。

急に太った理由とは

生活環境の変化。

脂肪細胞の劣化。

遺伝的要因。

 

太る理由を説明するためには、色んな言い訳が効きます。

でも、急にでもゆっくりでも太るメカニズムってのは一緒です。

 

要は、食べた分の1日分のカロリーをその日で使い切ることが出来なかった。

そんな日々が1ヶ月、2ヶ月…と続いた結果が今なのです。

じゃあ、体型を元に戻すには?

体重を元に戻す方法は、太った原因から考えるとシンプルに答えが出ます。

 

1日に使い切れるだけのカロリー以下の生活をすごす。

つまり、食べる量を減らす、食べるものを低カロリー食に変える。

 

もしくは、運動量を増やして1日の消費カロリーを増やす。

この両方をやれば思いのほか、体型ってすぐに元に戻りますよ。

 

もともとダイエットって一年とかかけてダラダラやるものじゃありません。

長くても半年。

 

3ヶ月も真面目にダイエット続けてると、「おお、痩せてる!」と実感できるくらい体型って変わります。

 

それに加えて、基礎代謝を上げるようにすればもう急に太ってしまうことも無くなります。

基礎代謝っていうのは、内臓や筋肉を動かすために勝手に消費されるカロリーのこと。

 

1日の消費カロリーは、運動で使ったカロリーと基礎代謝の合計です。

 

そして、1日の消費カロリーの70%は基礎代謝が占めています。

 

単純にジョギングとかして、むやみに運動する量を増やすよりも、基礎代謝を上げることを意識したほうが効率よく痩せられるわけです。

 

じゃあ、どうすれば基礎代謝って上がるのか。

基礎代謝は体の筋肉の量に比例します。

 

筋肉をつければつけるほど、代謝は上がって痩せやすくなる。

 

 

だから筋肉つけましょう…って言っても、別にムキムキになるくらい鍛える必要ないですよ。

1日100回くらいスクワットでもやればそれで十分。

基礎代謝は上がってくれます。

 

あくまで痩せればそれでいいんですから。

 

といよりも、ボディビルダー並に筋肉つけるには人生の全てをトレーニングに捧げるレベルで鍛えなきゃいけないので余計な心配しなくて大丈夫。

 

たまに、運動しすぎるとムキムキになるんじゃ…って心配する人がいるんで一応。

 

肥満外来では食事療法とあわせて、基礎代謝を上げる漢方薬(防風通聖散)を処方されます。

いわゆるやせ薬ってやつです。

 

次回は、私が実際に肥満外来に行って半年で30キロ痩せた体験談を紹介します。

次 → その9 肥満外来で痩せる漢方薬を飲んで30キロ痩せた体験談

サブコンテンツ