痩せなくなった停滞期の乗り越え方!期間はどのくらいかかるの?

なんか急に痩せなくなった…。

停滞期の乗り越え方はたった一つ。

待つだけです。

これしかありません。

ですので、正しい停滞期の乗り越え方は

「いかにやっちゃいけない事をやらないか」です。

 

やっちゃいけない事っていうのは、

焦って食事量を減らしたりすること。

 

余計なことはしないで、

ひたすら待つのがベストです。

 

ダイエットを初めると、

最初の一週間くらいは順調に体重が減っていきます。

 

だけど、3週間もすると体重の減り方は

横ばいになっていきます。

 

別にダイエットのやり方を変えたわけじゃないのに、

頑張った分が体重計に反映されない。

これが停滞期です。

 

遅かれ早かれ、ダイエットしてる人には

停滞期ってものは必ず訪れます。

 

一度、停滞期が来てしまうと、

脱出するまでひたすら待つしかありません。

 

って言うのも、人間の体は体型を

一定に保とうとする機能があるからです。

 

その機能が正常に働いた結果が停滞期なわけで、

これが正常な生理反応である以上、

待つ以外の手の施しようがないわけです。

停滞期は誰にでもやってくる

そもそ、ダイエットを初めて一週間で

体重がグーンと落ちるのは水分が抜けたからです。

 

お腹の脂肪はほとんど減ってません。

 

それに、ダイエットを続けていると

体が省エネモードになってしまうので、

なかなかカロリーを消費しようとしなくなってしまいます。

 

省エネモードに入った体は、

消費するカロリーを節約するために、

脂肪ではなく筋肉を分解しようとし初めます。

 

すると、体重が落ちなくなる。

これが停滞期の正体です。

停滞期が続くのは最大で2週間程度

停滞期に入ると、ヘコんでダイエット

やる気が無くなってしまいます。

 

だって努力が結果に反映されなくなっちゃうんですから、

誰だって落ち込みますよ。

この時点で8割くらいの人がダイエット止めます。

 

ただ、停滞期に入ったってことはダイエットが

順調に進んでいる証拠だったりします。

 

体重の減りはじめは

これから余分な脂肪を落としていく

下準備をしなきゃいけないので、

その準備期間が停滞期なわけです。

 

それに、停滞期ってのは

待てば必ず脱出することができます。

 

入ってくるカロリーよりも、

消費カロリーのほうが多い生活送っているわけなんですから、

いずれ痩せ初めるのは当然です。

 

厄介なのは、

停滞期は一度だけじゃなくって、

数週間周期で何回もやってくること。

 

痩せる時期と、

横ばいになる時期を繰り返しながら、

ダイエットは進んでいくことになります。

 

でも、どのタイミングでも一週間くらい待てば、

勝手に痩せはじめていくので焦りは禁物です。

 

一番やっちゃいけないのは、

痩せるために食べる量を減らすこと。

 

余計な脂肪を落とすための下準備が停滞期なわけで、

そのタイミングでさらに食事量を減らすと、

省エネモードはなかなか解錠されなくなってしまいます。

 

それに、栄養不足で肌もガサガサになってしまますし、

髪もボロボロ、シワやシミも出来やすくなります。

老化現象が進むわけです。

 

ですので、

やっぱり今までのダイエット習慣を変えずに、

ただ待つのが正しい選択です。

 

待つのは性に合わない…って人は、

運動量を増やすようにしてみてください。

 

低カロリー生活している時に運動すると当然、

痩せやすくなります。

 

停滞期が3週間以上も

続いているって人は食べ過ぎです。

 

今の食事から200kcal前後、

ご飯茶碗一杯分くらいのカロリー引いてみてください。

 

それで一週間様子を見て、ダメなら運動量を増やす。

これで停滞期は乗り越えられます。

 

裏技なんですが、

チートデイというものを作って

停滞期を乗り切る方法もあります。

 

かなり強引な手段になるんですが、

効果は認められてますので、

手詰まり感が酷いのだったら試してみる価値ありです。

→ チートデイで停滞期を乗り切る裏技とは

サブコンテンツ