ヤンヒーホスピタルダイエットは痩せない?効果なしなの?

高木です^^

ついに手に入れましたよ。

ヤンヒーホスピタルダイエットを個人輸入で手に入れました。

根が面倒くさがりな私は素直にらくして痩せたいわ!

 

世界で最も安全だと(公式サイトが勝手に)

言っていいるやせ薬です。

どこもそういうこと言うわよね~

 

このタイプのやせ薬は神経系に作用して

食欲を無くすって類のものなので、

当然副作用はあります。

 

代表的なのは喉の渇きと熱っぽさですかね。

私も使ってみたのですが、

確かに食欲無くなるんですが、

やっぱり体の調子はダルくなりますね。

 

その日その日の体調の良し悪しで、

出て来る症状も変わってしまうのが困りどころ。

効いてる証拠でもあるのよ

 

良くも悪くも有名な

ヤンヒーホスピタルダイエットですが、

使っても痩せない…って人は結構多かったり増します。

 

「脂肪を燃焼させる薬」と言われていますが、

主な役割は「食欲を無くす」ことなわけで、

ダイエット薬としてはかなり間接的な作用。

 

痩せないって人がいても

なんの不思議も無いわけです。

 

私も使ってそれほど長くは無いんですが、

確かに食欲は薄くなるので、

一応ダイエット効果はある?

ような気はしてます。
ヤンヒーの公式サイトでは

「12週間ぶっ続けで飲んでね!じゃないと効果でないよ!」と言ってますが、

日本未認可の薬は完全に自己責任になりますので

飲み方は自由で大丈夫…というより、

用法を守ったところで保証はされません。

自己責任って怖いわ

 

ヤンヒー販売元としては、

早く手持ちの薬を使いきって、

もっと高いランクのお薬買って欲しいだけです。

 

だから保険適用外のお薬を自己責任で飲む場合は

「あなたの体調に合わせて」飲むのが正解です。

誰も守ってくれませんので。

 

ヤンヒーは無敵の万能薬じゃないので、

「痩せない人」が出てくるのは当然ちゃ当然のこと。

 

そして、「あなたにとって痩せる薬なのか?」

どうなのかは自分で見極めないといけません。

 

じゃあ、どうやってヤンヒーの効果を見極めるのか。

 

それは、あなたがヤンヒーホスピタルダイエットを使って

「どのタイミングでどういう副作用が出るのか」です。

 

ヤンヒーは食欲中枢に働きかける精神薬なので、

体にとってはどう考えても毒。

 

その毒を使って痩せようとしているんですから、

上手なお付き合いってものが必要になるわけですよ。

薬も過ぎれば…って言うしね

 

副作用が出る前に目標体重まで

痩せきったらそれでOK。

 

逆に、痩せる前に「強い」副作用が出てきてしまったのなら、

ヤンヒーはあなたにとって痩せる薬じゃなかったってだけの話です。

 

その時は痩せる薬って世の中にたくさんありますので、

自分に合うの別の薬を探せばいいだけ。

 

とりあえず、私がヤンヒーダイエット使うに

あたって調べたこと紹介します。

 

海外系のやせ薬は半分は人体実験みたいなものなんで、

事前に下調べしないとヤバいですからね^^;

無策は単純に怖いわよ

ヤンヒーホスピタルダイエットってどんな薬?

タイのバンコクにあるヤンヒー病院が処方しているやせ薬のこと。

 

日本未承認の薬ですんで、手に入れるには

1 個人輸入する

2 バンコクに言って診察を受けて処方してもらう

 

直接、海外に行って病院で診てもらったら旅費が10万円以上かかりますので、

99%の人は個人輸入で買います。

猛者はみずから取りに行くわよ

 

個人輸入するんだったらタイ語使ってやりとりしなきゃですので、

代行業者を使うことになります。

 

ただし、個人輸入にしても日本の正規輸入代行業者に

依頼しないとパチモノつかまされるのでここは注意。

 

パチモノ売ってる業者には特徴があって

・新しく出来た代理店

・むやみに値段が安い(5,000円とか)

・支払いが個人の銀行振込(←アウト

 

この3つのどれかが当てはまったらパチモノ業者ですので、

そこは利用しないようにしましょう。

パチモノは錠剤に光沢を持たせるために、

薬品に床用ワックス(笑)入れたりするので毒すぎます。

ダメよ…床用ワックスは…

 

リスクを負ってヤンヒーダイエット使うにしても、

本物使わなきゃ元も子も無いですからね。

 

そして、正規品をてっとり早くかつ確実に手に入れたいのなら

公式サイトから取り寄せることです。

私もそこから取りよせました。

 

ただ、そこでお薬を作るために身長・体重やらを書かなきゃいけないんのですが、

それが血液型とか、生年月日とか占いレベルの記入欄しかありません。

 

処方箋(お薬の説明書)ももらえないので、

「あなたの健康具合」をはかるためには

ちょっと…情報不足だろ…ってところは若干心配でもありますね^^;

そういうとこも含めて自己責任なわけなんですが。

手相占いで出されるよりはましね…

 

日本の肥満外来では対面での問診を受けたあとで、

初めてお薬をもらえるわけんですが、

ヤンヒーダイエットは海外のお薬ってことで

その辺はアバウトだったりします。

 

私の友達は実際にタイのバンコクまでいって、

ヤンヒー病院で医師の診察を受けたのですが、

なんでも問診は10分くらいで終了。

(妊娠とか常用薬とか必要最低限のこと聞かれたらしい)

 

かなーり緩めに処方してもらえたんだとか。

 

手軽に手に入るぶんには助かりますが、

「それで良いのか?」って不安が残るとこでもありますね^^;

 

ここでやっとスタートラインよ!

で、もらえるお薬というのが昼用と夜用の二種類のお薬。

ちなみに、処方箋はもらえませんので

何が入ってるのかは分かりません。

怖ッ

 

薬の作用は、さっきも話した「食欲抑制」と「代謝向上」。

 

代謝は甲状腺ホルモンってのを

活性化させて脂肪を燃えやすくします。

食欲抑制ってのは、そのまんまの意味で

食欲を抑えてくれる作用です。

レベルを上げるごとに副作用が酷くなる

薬にはレベル別で薬の強さが違ってきて、

ここでやっと本題の「副作用」の話。

 

薬が薬である以上、副作用ってのは必ず出てきます。

 

ここで重要なのが、どの段階で副作用が出るかってとこ。

 

ヤンヒーダイエットは

「低いレベル」から徐々に「高いレベル」に

上げてって効果の具合をみます。(あなたが自分で)

 

で、このレベルが低い段階で

何かしらの副作用が出たらアウト。

 

あなたにとって、

ヤンヒーダイエットは痩せる薬じゃなかったってことです。

 

その副作用っていうのが、

ーーーーーーーーーーーーーーまだ大丈夫なライン
・食欲不振
・喉の渇き
・体がだるくなる
・眠くなる
ーーーーーーーーーーーーーー危ないライン。ここで服用中止
・頭痛がする
・吐き気がする
・熱っぽくなる
ーーーーーーーーーーーーーー完全にアウト。病院へGO
・嘔吐
・下痢
・動悸
・発汗
・不眠

 

一番危ないのが、

「明確な線引が難しい」ってとこ。

どのラインで引き返せば良いのかよく分かんないんです。

聞いた話では吐き気を感じたらヤバいらしいわよ

 

そこが海外製やせ薬特有の

自己責任の悩ましいところですね。

 

総合して評価すると、

ヤンヒーダイエットに向いてる人はこんな人

 

向いてる人
・冒険心が強い
・でも、警戒心も強い
・体がぶっ壊れても痩せたい
・将来、赤ちゃんを生むつもりがない
・何があっても受け入れられる

向かない人
・副作用が素直に心配
・健康的に痩せたい
・将来、赤ちゃんを生むつもりでいる
・何かしらの常用薬を飲んでいる

 

私は試しに使ってみた派ですので、

2回飲んで止めました。

だって普通に怖いですからね^^;

チャレンジング精神が試されるわね

 

本格的にやせ薬使うつもりは無くっても体験版があるので、

「海外のやせ薬ってどんなものかなー」と

興味のある人は体験版使ってみてください。

 

「一歩間違ったらヤバい感」が

味わえてある意味新鮮です(笑)

 

ただ、純粋に痩せたいのなら

日本の肥満外来で使われてるやせ薬

使ったほうが安全に痩せられますよ。これ↓

 

効果の認められている医薬品なので、メチャクチャ効きます。

これは私が肥満外来通ってた頃の体験談です↓

次 → 肥満外来でやせ薬をもらって6ヶ月で30キロ痩せた体験談

サブコンテンツ