糖質ゼロビールは太らないってのは完全に嘘です。

高木です^^

「私、ダイエット中だから糖質ゼロビール飲んでるの」っていうのは

ダイエットしてませんと言っているのと同じです。

というのも、糖質ゼロビールは太らないっていう前提が間違っているから

コカ・コーラゼロが太らないって言ってるくらいの的外れっぷりです。

そもそも、糖質はそんなに入ってない

350mlの小缶のビールに入ってる糖質は

ビール → 10g

発泡酒 → 12g

第三のビール → 11g

で、無視して良いような量です。

 

麦茶に入ってる糖質気にする人っていませんよね。

発酵したっておんなじですよ。

 

それに、そんなに入ってないってことは、

完全に抜いても味はほとんど変わらないってことです。

 

ほとんど手を加えないのに缶のど真ん中に

でっかい文字で「糖質ゼロ!!」みたいに書いている。

 

ヘルシーそうな感じをかもし出していますが、

健康面を考えると完全に誤差の範囲なので、

ビールくらいは生のやつをグビグビやっていいんじゃないでしょうかね。

 

ただ、アルコールはしっかり入っているのでそこは要注意です。

よく「お酒飲んだら太るよー」って言いますよね。

あれって、「(つまみが進むから)お酒飲んだら太るよー」ってことですよ。

 

つまり、お酒単体のカロリー自体はそんなに高くなくっても、

酔うと脂っこいもの食べたくなるから、

つまみの食べ過ぎで太ってしまうわけです。

アルコールは脂肪にならない

アルコール自体は肝臓で完全に処理されますので、

脂肪になることはありません。

 

これって肝臓に100%の負担がかかるわけで、

体の全細胞を使って燃焼する脂肪よりもアルコールは体に毒ってことになりますが、

アルコール度数から太るってことは無かったりします。

 

でもアルコールは代謝を鈍らすので、

つまみからとったカロリーを脂肪に蓄えやすくはします。

 

ですのでお酒が体に入ったら、

その時点で大なり小なり太りやすくなってしまうわけなのですから、

つまみの食べ過ぎは完全にNGとしてつまみの内容のほうも気をつけなきゃいけません。

 

ビールとラーメンはつまみとしては最高の組み合わせですが、

ダイエット的には最悪の組み合わせです。

油こってり炭水化物たっぷり塩分どっさりですからね。ラーメンは。

 

でも、酒を飲んだ以上、

何かつままなきゃ胃にかなりの負担がかかってしまいます。

血中アルコール濃度もギューンと急上昇してしまうので、

空きっ腹に酒は天国に近づいてしまいます。

 

飲んだら食べなきゃいけない。

でも、食べたら太る。

それでいて飲まなきゃやってられない。

 

そういうジレンマ抱え込んじゃっているのなら、

つまみの内容を変えるだけで随分違うものですよ。

冷やっこみたいな高タンパクなものとか、

肉料理よりはビタミン・ミネラルたくさん入っている野菜料理を選んでみるとか。

サブコンテンツ