MDクリニック副作用が危ない?安全性に問題があり過ぎる?

高木です^^

前々から気になっていたMDクリニック、

買って試してみたんでレビューしてみます^^

結果から言って、副作用がしんどすぎるんで止めました(笑)

何でも試す派なんですけどね。

 

MDクリニックは安全性に問題がありすぎます。

 

今からMDクリニックを試したいって人や、

使ってみたいけど副作用が心配な人、

将来赤ちゃんを生みたいと思ってる人(←これ)は

参考にしてみてくださいね^^

MDクリニックの副作用まとめ

まず、代表的なやつから。

MDクリニックを使った人の大部分は「喉の渇き」を感じます。

私も使って半日でこれがきました(笑)

 

MDクリニックは甲状腺ホルモンの

分泌を活発化させます。

すると代謝が上がって水分がみるみる抜けてく。

すると知らない間に水分不足になって、喉が渇きはじめます。

 

MDクリニックを使って

「喉のはり」を感じたら赤信号です。

 

かなり効きすぎてるんで、

飲む量を減らしたり、

レベルを下げて様子を見なきゃいけません。

 

MDクリニックを使うと

食欲がだんだん無くなっていくのはご存師の通り。

 

使ってみても、なるほど。

空腹感はあまり感じなくなりましたよ。

 

ですが、食欲中枢に

働きかける薬につきものが低血糖症です。

 

血液の中の糖分がグーンと低くなっちゃう。

脳や、細胞の唯一のエネルギーは糖分です。

 

こいつが体内で不足すると、

当然体調が悪くなってきてしまいます。

 

まず、エネルギー不足によるふらつき。

ダルさもセットでやってきます。

それとひどい場合には頭痛・めまいですね。

 

下剤も入ってますので、

お腹が緩い人は下痢になってしまうこともあります。

 

便秘改善はダイエットの基本でもありますが、

お腹が痛くなるようじゃちょっと考えものです^^;

 

吐き気を感じるようであれば、

それは完全にアウト。

中枢神経系がヤラれている可能性がありますので、

即服用を止めて病院に行ってください。

MDクリニックの服用は自己責任

MDクリニックの副作用も恐いんですけど、

一番厄介なのは自己責任であるというところ。

 

日本では未承認の薬使っているんで、

何が起こっても誰も保証してくれません。

 

わざわざタイから個人輸入するくらいなんですから、

それくらいの覚悟は必要なはずなんですけど、

重篤な副作用が出て保険が効かなきゃ結構ヤバい。

 

っていうのも、

日本で未承認の薬飲んで病院に駆け込んでもその薬は

「そもそも日本に存在しないはずの薬」なわけで、

病院側としても対応に困るわけです。

 

せいぜい、

「副作用が酷いようであれば、服用を止めてください」って

アドバイスがもらえる程度。

なんの根本的な解決にもなってませんね。

 

だって、

病院側としても未承認の薬の対応なんて

準備できてないわけなんですから、

当たり前っちゃ当たり前。

 

海外製のやせ薬全般に言えることなんですが、

体調管理は自分でしないといけません。

 

ちなみに、飲むのは生理前は

止めといたほうがいいですよ。

生理前はホルモンだランスが崩れやすい時期です。

 

そのタイミングでMDクリニック飲むと、

食欲中枢どころかホルモンだランスも

崩れてしまいます。

 

飲むなら、体調が安定する生理後二週間です。

 

それと、これは当たり前ですが妊娠してる時は

MDクリニック飲んじゃダメですよ。

精神に働きかけるタイプの薬は

胎児に影響をおよぼす可能性があります。

 

妊娠してる時はタバコもお酒も

飲めない人っていますよね。

 

それくらいデリケートな時期なんで、

元気な赤ちゃん産みたいんだったらダイエットは

出産後にしておきましょう。

 

どうしても今すぐ使いたい…って人には

体験版がおすすめ。

 

レベルの一番低い体験版使って副作用が出てくるんなら、

それ以上はMDクリニックに手を

出さないのが無難です。

 

安全性が欲しくて、

それでいてすぐ痩せたいっていう人は、

素直に日本製のやせ薬を使うことをおすすめします。

 

痩せ薬系に手を出す人って結局、

肥満外来で使われてる薬使って痩せてますよ。

 

私も結局は、これ使って痩せたので次回は

私の肥満治療の体験談を紹介します。

次 → 日本製のやせ薬を使って30キロ痩せた体験談

サブコンテンツ