「食べた後でもダイエット」の素敵なキャッチコピーのナチュリズム。

ネットではナチュリズムは効かない…って声が多いのですが効果がないわけじゃありません。

ナチュリズムは「太りにくく」はしてくれても「痩せやすく」はしてくれません。

 

そもそも、ナチュリズムに求める効果がズレてるわけですよ。

ナチュリズムは効かないの?

ナチュリズムは腸での余分な油の吸収を防いで、なおかつ腸内環境を整えてくれるサプリです。

「カロリー素通り」ってキャッチコピーで書いてありますね。

 

本当に素通りしてくれるのか?

そんなわけはありません。

 

素通り…じゃなくって余計なカロリーの吸収を抑える。

まるまるカットはしてくれないわけです。

ダイエット中でも普通に暮らしてても、太る一番の原因は油のとり過ぎ。

 

ナチュリズムはこの脂肪の吸収を抑えて「カロリーを抑えて」くれます。

摂取カロリーを抑えたうえで、腸内環境を良くしてお通じを良くする効果があります。

 

ダイエットしてると便秘がちになりますからね。

ウーロン茶を高濃度で配合

脂肪の吸収を防いでくれるのはナチュリズムに入ってるウーロン茶の効果。

ウーロン茶には油を分解する作用があります。

 

ウーロン茶って中国料理とよく一緒に出されますよね。

中国料理は油ギットギトです。

 

油まみれの料理を食べた後に、体に吸収される前にウーロン茶飲んどけば太るのを防げるわけです。

中国の高級料理店では、食後にウーロン茶で手を洗う(もったいない…)

 

食器用洗剤並…とは言わないまでも、それくらいウーロン茶は油の分解作用が強いわけです。

 

ただし、その油の吸収カット率は30%以下。

やせ薬として使われている「ゼニカル」の油のカット率が30%以下だからです。

医薬品じゃないウーロン茶にはこれ以上の効果を出すことができません。

 

それに、油の分解が目的なんだったら別にナチュリズム飲まなくっても自販機でウーロン茶買えばいいのでは…と思ってみたり。

腸内環境の改善

ナチュリズムには多くの食物繊維が入ってます。

食物繊維は腸内で余分な油をキッチンペーパーみたいに吸収して外に出す効果があります。

 

それに、食物繊維は腸内細菌のエサになります。

善玉菌にエサをやると、善玉菌が増えて腸の環境が良くなってきます。

 

そして、食物繊維の最後の役割は「便のかさを増やす」こと。

便のかさを増やして大きくすれば、腸内で便が運びやすくなって便秘が解消する。

 

つまり、ナチュリズムには便秘の解消効果があるわけです。

危険な成分は入ってるのか?

ナチュリズムには副作用があるんだとか、危険な成分が入ってるのだとか言ってる人がいます。

原材料を見てみても、不審な成分は見当たりませんでした。

 

この手のサプリにはキャンドルブッシュみたいな下痢を起こす成分が入りがちなんですが、ナチュリズムはあくまでも自然に体質改善していくことにこだわっているようです。

ただし、体に優しい分 効き目は薄い。

 

口コミを覗いてみても効果が出てくるのに何ヶ月もかかるといっている人が大半。

ナチュリズム使うなら、辛抱強く待ちましょう。

痩せはしない

ナチュリズムは余計な油を吸収を防いで、腸内環境を良くするサプリ。

脂肪に変わるようなカロリーの量を減らすわけです。

 

ってことは、「太りにくく」はなるにしても痩せるってわけじゃありません。

一応、脂肪の燃焼効果のあるカルニチンが入ってますが量は気持ち程度。

 

脂肪を燃やすような成分が入ってないので、太りにくくなるだけで痩せはしません。

太るのを予防するんじゃなくって、お腹の脂肪を無くしたいなら痩せる薬を使ってみるのがおすすめ。

 

痩せる薬はガッツリ痩せれます。

痩せる薬を使ってダイエットしてみた