ラベルに堂々と「最強サプリ」と書いてあるメタグラボ。

口コミでは効果なし?みたいなこと言う人が多い。

それもそのはず。

効果が出なかった人は運動をしていないからです。

 

燃焼系サプリは運動をしないと全然効果ないですよ。

メタグラボは効果ないの?

メタグラボは脂肪の分解をうながしたり、血液中の中性脂肪を減らす燃焼系サプリです。

メタグラボに入ってるグラボノイドが脂肪を燃やします。

 

ここでのポイントは、メタグラボは食べ物の脂肪を減らすタイプのものじゃなくって、もうすでにお腹にこびりついてしまった脂肪を燃やすというところ。

つまり、消費カロリーを増やす。

 

1日の摂取カロリーよりも消費カロリーが上回っていたら必ず痩せます。

 

ダイエットって基本的に引き算なんですよ。

みんないかに摂取カロリー(食べる量)減らすかしか考えない。

 

その点、メタグラボは「攻め」のダイエット手法。

使うカロリーの総量を押し上げて無理やり痩せましょう…ってのがメタグラボのメインコンセプトです。

脂肪を燃やす

グラボノイドにはカルニチンαリポ酸が入ってます。

そのカルニチン・αリポ酸は脂肪が細胞の中に入ってきた時の燃焼効率を上げる。

つまりは、火の勢いを上げる燃料みたいなものです。

 

ただし、脂肪が細胞まで運ばれるには血液中に脂肪が放出されないといけません。

何をしたら放出されるのか?

 

脂肪がたくさんのエネルギーを必要としているとき。

運動しているときです。

 

ですので、メタグラボ飲んでも運動しないと意味ないですよ。

着火しないで薪だけくべてるようなものです。

中性脂肪を減らす

血液の中には中性脂肪っていう脂肪分がただよってます。

 

血流にのってゆらゆらただよっている通りすがりの中性脂肪を細胞が捕まえる。

その細胞の中で燃焼して、はじめて脂肪ってものは無くなります。

 

中性脂肪ってもの自体は、エネルギーを作り出すためには絶対に必要な栄養素。

 

だけど、血液の中の中性脂肪値が高すぎると血管を傷つけはじめる。

傷ついた血管にはかさぶたみないなものが出来上がる。

それが血栓になってしまうと脳梗塞エンドです。

 

だからこそ、中性脂肪は適正値を保っておきたい。

メタグラボの中にはEPAやDHAが入ってます。

このEPA・DHAは中性脂肪を肝臓に押し込む作用ももつ。

 

そして、必要な時だけ取り出してくれる。

メタグラボは血液検査に引っかからないようにするために飲むにも効果ありです。

副作用はあるのか?

ないです。

フラボノイドにもDHA・EPAにも副作用はありません。

 

ただ、口コミでは汗がダラダラ出てきたとか、お腹が痛くなったって人もいるのは事実。

フラボノイドは刺激物です。

 

飲んで体調崩すくらいなら飲むのは止めましょう。

運動しないと効果ない

メタグラボが脂肪の燃焼を助けてくれるのはさっき話した通り。

ただし、これは運動した時に限った話。

脂肪はエネルギーに変わらない限り、無くなりません。

 

そのエネルギーが必要になるのは、運動した時だけだからです。

薬局の店内放送では「飲むだけで痩せるヨー」って言ってますが、痩せ薬じゃないんで運動してはじめて効果がでます。

 

フラボノイド自体の効果ははっきりと認められてます。

でも、ただ飲むだけじゃラムネと一緒。

今メタグラボ飲んでる人は、もったいないんで運動もしてみてください。

 

運動しながら合わせて飲んだほうがいいのが痩せる薬です。

メタグラボは運動しなきゃ効果が出ない燃焼系サプリですが、痩せる薬は基礎代謝を上げてくれます。

体質そのものを改善するわけです。

 

これは私が痩せる薬でダイエットをした時の体験談です

↓↓

痩せる薬飲んだら34キロ痩せた体験談