残念な話ですが、3キロ痩せても見た目はそんなに変わりません。

女性がダイエットをやる理由は「痩せてキレイになりたいから」じゃありません。

みんな、幸せになりたいのです。

 

今まで着れなかった可愛い服が着れるようになると嬉しいですし、タイトなパンツを着て友達から「○○ってスタイルいいよね~」って言われると嬉しいですよね。

 

でも、ダイエットする動機の根っこの部分はもっと深くって、こんな風に一時的に誰から褒められたいってわけじゃなかったりします。

 

「昨日よりスタイルのいい自分が作れた」とか「太っていた頃のコンプレックスを解消したい」とか、自分の人生に自信が持てるよになって小さな充実感を得たい。

つまり、幸せになりたいのです。

 

でも、3キロくらい痩せたところで体重計の目盛りが減っただけで、誰も気づいてくれない現実があります。

誰からも褒められなければ、何のために辛いダイエットをやっているのか分からなくなってします。

 

すると、自分のやっている事が本当に正しいのか客観的に考えられなくなってくる。

そうなったら、完全にダイエット難民になってしまいます。

 

誰かが褒めてくれるようになるまで、「痩せる」という事 自体に盲目的に執着するようになってきます。

 

本当は自信をつけて幸せになりたいはずなのに、誰かに褒められたい…認められたいからダイエットをするといったように、いつの間にか痩せるための目的意識がすり替わってしまっているわけです。

 

他人から幸せにしてももらおう…って考えてる限り、あなた自身は認められるための強迫観念にとらわれてしまって、痩せないことや、ダイエットが上手く行かないことに必要以上に敏感になってしまいます。

だから、痩せて褒められようとするのではなくて、あなたが頑張った小さな成功を喜ぶようにしましょう。

 

本当に頑張って3キロ落としたのに誰も気づいてくれない事に落ち込んでも仕方ありません。

それに、5キロ痩せるためには、まずは3キロ痩せる必要があります。

 

あなたの事を一番良く知っている人は、他でもないあなたなのですから、3キロも痩せた自分を思いっきり褒めてあげましょう。

痩せたのに気づいてもらえない理由

3キロ痩せたくらいじゃ誰も気づきませんが、5キロも痩せると目に見えて「あー最近○○ってスリムになってきたよね」って分かるようになってきます。

 

女性は褒められるとキレイになるって言いますが、あれは本当です。

何だかんだ言って褒められると嬉しくってモチベーションも上がってくるし、一度 周囲に定着したスリムになっていく自分ののイメージを壊したくなくなるからです。

 

ただ、5キロ落としても誰にも気づいてもらえない人がいますが、共通点があります。

痩せたにも関わらず、以前と変わらないダボダボの服を着ているからです。

太っていた頃のコンプレックスを隠すための悪癖が邪魔して、理想の体に近づいてもボディラインが出せないわけです。

 

そういった時は、「痩せるための理由づけ」をもっと具体的なものにしてみましょう。

ただ単に「5キロ落としたら、自信が持てて性格も明るくなって人生開けるかも…」と思っていても何もはじまりません。

 

例えば、「今年の夏は思い切ってショートパンツをはいて、近所のモールにショッピングに出かけてみよう」とか。

具体的な場所や時間を決めて、自分だけの目標設定をしてみましょう。

 

自分の意思で決めた目標を達成できると自信がついてきます。

すると誰かに褒められるよりも、小さな充実感に幸せを感じきれるようになってきますよ。

 

あなたを幸せにできるのは、あなただけなのですから。

次 → 基礎代謝を上げて今すぐにでも5キロ以上痩せて見た目を変える方法

→ TOPページに戻るにはこちら