太っている人に共通するある特徴があります。

それは、部屋の中が片付いてなくってとっ散らかっていること。

汚い部屋

太っている人は面倒くさがりが多いので、部屋が汚くなってします傾向があります。

 

処分するのが面倒って理由で、台所のシンクには洗い物が溜まりっぱなし。

お風呂場の近くには脱ぎ捨てた服が洗濯されずにバスケットに山盛りになっている。

 

こんな風に、太ってる人の大半は部屋がちゃんと整理整頓されていなくって汚い状態をほったらかしにしています。

 

私が超絶肥満体だった頃も、ご多分に漏れず部屋は汚い派の人間でした。

当時の写真をお見せしたいのですが、あまりの汚部屋っぷりで見るに耐えないでしょうから画像は貼らないでおきます^^;

 

洋服をハンガーにかけずに散らかり放題でしたし、棚には小物がゴチャゴチャしていてどこに何があるのかが住んでいる本人にも分からないくらい汚かったですよ。

太っていた当時の事を思い出してみると、目の前の問題をを常に先送りするようなだらしのない生活を送っていました。

 

そういった生活習慣って分かりやすく部屋の散らかり具合にも反映されますし、体型もぜい肉ダルダルで太ったまま。

 

あなたの住んでいる部屋も、あなたの生活態度をそのまま反映しています。

部屋の乱れっていうものは心の乱れです。

 

部屋をこまめに毎日片付けるだけでも、軽い運動になりますのでダイエットには有効です。

少なくとも、お菓子を食べながらベットで雑誌を読んでいるよりもはるかにましです。(しかも、大抵はお菓子の袋をそのまま放置)

 

実際に、「部屋の状態は、その人の心の持ちようを反映する」っていう言葉があります。

部屋を一時的に片付けたところで、あなたのお腹の脂肪は削ぎ落とされるわけではありませんが、ダイエットを成功させるには今までの生活習慣を改めないといけません。

 

なぜなら、太ってしまったのは「太るような生活」を毎日繰り返した結果だから。

だから、その生活のあり様を変えない限り、お腹には脂肪が蓄積され続けるわけです。

 

それで、「今までの太る習慣を改めよう…じゃあ、まずは何をはじめようか?」ってなった時に、一番てっとり早く「目に見える形」で変われるのが部屋の掃除ってわけです。

使わない余計なものを処分してしまって、本当に必要なものはちゃんと整理整頓してどこに何があるのかを把握できるようにしましょう。

 

そして、その部屋を綺麗に保ったままキープしてください。

 

部屋が綺麗になっていくと、心にたまってしまったモヤモヤも晴れていきます。

太っている人って何が大切で何がそうじゃないかの物事の優先順位をうまくつける事が出来ません。

 

部屋が綺麗になると「本当に使うものだけ」しか目に入らなくなってくるので、物事を決定づける前の優先順位がつけやすくなります。

すると無計画に食べてしまうような、太ってしまう思考の偏りが目に見えて改善されていきますよ。

次 → 物事の優先順位を決めながら、今から最速で痩せる方法

→ ブログのTOPページはこっち