ダンベルダイエットで痩せた人には共通点があります。

それは運動の「量」よりも「質」にこだわっていることです。

大抵の人はダンベル運動をする時って、とにかく数をこなしたほうがいい…と考えます。

数で勝負ってのもありかもしれませんが、それでは非効率

 

ダンベル運動に限った話ではありませんが、ダイエットは量よりも質が問われます。

じゃあ何をもってして「質の高い運動」になるのか。

答えは「正しいフォームで運動すること」です。

 

適当なフォームで100回ダンベル上げ下げするよりも、正しいフォームで10回運動したほうが痩せます。

なぜかと言うと、「より多くの脂肪を燃やしてくれる筋肉」が決まっているからです。

 

あまり脂肪を燃やさないような「仕事をしない筋肉」 働かせても意味ないってことですよ。

無意味に運動の回数を稼ぐよりも、正しい姿勢・腕の伸ばし方にこだわった方が確実に痩せます。

 

ダンベル運動のポイントは…というより全てが↓の動画で語られてるので一回 全部見てみてください。

気をつけて欲しいのは握り方と腕の伸ばし方。

ダンベルはしっかり握って一つ一つの動作は比較的ゆっくり、深くするようにしましょう。

じゃないと効果薄れます。

 

使っている筋肉を意識するようにっていう人もいますが、正直あんまり関係ありません。

一度正しいフォームをつかんだら後はそれを繰り返すだけだからです。

 

運動を初めたら、なるべく動作は止めないようにして体全体を大きくゆっくり動かしましょう。

ダンベル体操の回数は最初は10回くらいから

最初からやたらと重いダンベルを使ってはじめようとする人がいますが、それじゃ長く続きません。

筋肉も傷めますし、「きつい割に、効果が全然出ない…」って事になって終了です。

 

だから、ダンベルは最初は1~3キロくらいの軽いものを使って、慣れてきたら少しづつ重いものを使っていくのが原則です。

とりあえず、「これなら余裕で持ち上げられるな」ってくらいの重量のダンベルを1セット10回くらいから初めてみてください。

 

慣れてきたら、回数を増やすよりもダンベルの重量を上げるようにしてください。

最初に話したように、運動はこなす回数よりも質を重視したほうが痩せるからです。

 

ここでついでに言っておきますが、たまに「あまりにも重いダンベルを使うと筋肉がムキムキになってしますのでは…」と心配する人がいます。

女性はそう簡単には筋肉はつかないのでご安心を。

 

筋肉をつけることは、脂肪を落とすよりも10倍くらい難しい技術が必要になります。

男性だって筋肉をつけるのに高重量のバーベルを使ってプロテイン・BCAAを飲みながら毎日ジム通いして、それでも1ヶ月に腕が1ミリも太くならない…って悩んでいるのです。

 

私たち女性がダンベルで体操をしただけで筋肉がついてしまうんじゃ…と心配するのは無意味過ぎるので、その辺りは安心してください。

 

だから、出来そうな範囲でダンベルの重量はどんどん上げてってください。

1キロづつ増やしていくとより質の高い、「より脂肪が燃える」運動になっていきます。