ラクビの口コミを見てみると、全然痩せないんだけど…って意見が多く見られます。

それもそのはずで、ラクビには痩せるための成分がそもそも入ってないので当然です。

LAKUBI

ただ、だからダイエットに効果内の?ってそんなことありません。

 

悪い口コミ流してる人は本当のラクビの機能をちゃんと調べてないで使っている人たちです。

口コミでラクビは痩せないって…

ラクビは腸内の酪酸菌を増やすことによって太りにくい体質を作る腸内環境改善サプリです。

 

ちょっと食べただけで何だか分からないけど太る人っていますよね。

その原因はその人の血液中の短鎖脂肪酸の量が少ないのがから。

そこで、腸内の酪酸菌が必要になるのですが…これにはちょっとしたカラクリがあります。

 

まず、ラクビには酪酸菌が入ってるわけじゃありません。

サラシアが大量に入っています。

 

サラシアっていうのは、食べ物に入っている糖分が分解されるのを防ぐ働きを持っています。

分解されなかった糖分は体に吸収されないので、そのまま腸を流れていくことになります。

 

その吸収されなかった糖分が酪酸菌のエサになるわけで、ラクビは腸内細菌にエサを与えることによって腸内環境を整えるわけです。

で、その酪酸菌は短鎖脂肪酸を作り出して血液の中に放出します。

 

短鎖脂肪酸は細胞の中に脂肪が取り込まれるのを防ぐ働きを持っています。

だから、この短鎖脂肪酸が少ない人は脂肪がたまりやすく、多い人は脂肪がたまりにくい…つまり太りにくいわけです。

 

ちょっと話をまとめてみますね。

 

短鎖脂肪酸を作り出すのは酪酸菌

そして酪酸菌を増やすのは糖分

だから、ラクビには酪酸菌を育てる糖分が入っている…ってわけじゃなくって、食べ物の中に入っている糖分の分解を防ぐサラシアが入ってる。

 

糖分が分解されないまま腸に流れると酪酸菌のエサになるから腸内環境が整って太りにくい体質になるわけです。

 

なぜこんな回りくどい手を使うかって、腸内細菌を育てる糖分そのものが「太る原因」になるから。

だって、食べ物の中の糖分が吸収されないわけなのですから、余計な糖分を摂らなくて済む…つまり余計な脂肪を蓄えなくって済むようになるわけです。

 

それに加えて、吸収されなかった糖分はそのまま腸内細菌のエサになって「太りにくい体」を作る材料になる。

ラクビに入っているサラシアは「糖分の吸収を防ぐブロック系サプリ」と「痩せ菌を育てる腸内環境改善サプリ」の両方の役割をになってくれるってわけです。

 

ただし、ラクビは「太りにくくなる」わけで別に「痩せる」わけじゃありません。

口コミでも飲んでも痩せなかった!って声が多いわけなのですが、脂肪を燃焼させる成分が入ってないので当然です。

 

評価の良い口コミの人の意見をよくよく読んでみるとみんな「予防薬」として使っています。

そもそもとしてラクビに求める機能が間違っているわけですよ。

 

太りたくないのではなくってピンポイントで痩せたいのなら漢方薬がおすすめです。

基礎代謝を上げる漢方薬は脂肪を燃焼させるのですぐに痩せることが出来ます。

基礎代謝を上げる漢方薬なら半年でめちゃくちゃ痩せれる