高木です^^

最近売れまくってるらしい賢者の食卓

口コミサイト覗いても、

効果ないとか痩せないとかささやかれてます。

 

それもそのはずで、

賢者の食卓の主成分は難消化性デキストリンです。

 

難消化性デキストリンは「太りにくくなる」性質は認められていますが、

痩せる作用はありません。

 

つまり、太らないための保険として使うものであって、

1ヶ月でガッツリ3キロくらい痩せたい人が

使ってもあんまり意味はないわけです。

賢者の食卓の効果

賢者の食卓の効果は糖質を脂質の吸収を防ぐこと。

いわゆるカッチ系サプリになります。

 

お守りサプリって言われるくらい効き目を感じないのは

カット系の宿命なのですが、

栄養の吸収阻害作用はトクホで認められるレベルです。

 

賢者の食卓の原料は難消化性デキストリンだけですので、

これだけでトクホとったってことですか。スゲー。

 

話がそれましたが、賢者の食卓の仕組みは食事前に飲むことで

難消化性デキストリンが腸の粘膜を

コーティングして糖分と脂肪分の吸収をカットしてくれてます。

 

そうすると、糖分・脂肪分はお腹のお肉になりくくなりますし、

吸収されなかった栄養分は腸内細菌のエサになるので

腸内環境が改善されて便秘もなおります。

 

便秘が治ると代謝が上がるので余

計な栄養を吸収されなくなて太りにくくなります。

 

つまり、難消化性デキストリン飲んどけば

肥満の元凶である糖分・脂肪分をカットできるがかりか、

その栄養を肥料にして腸内環境を良くしますので

一石二鳥なわけです。

 

当然、栄養を全部カットしてくれるわけじゃないですよ

(絵栄養失調で死んじゃます)

 

カットできる糖質は24%。

 

日本人の1日の糖分の平均摂取量が250グラムですので、

60グラムもカットしてくれることになります。

 

コカ・コーラ一本には砂糖が50グラム入っていて、

一食分につきコーラ一本分くらいの糖質を

カットしてくれるわけですからかなりの効果が期待できますよ。

 

ただ、賢者の食卓は実はボッタクリ価格で

難消化性デキストリン6グラムのスティック30本で

1,700円くらいとります。

ぼりすぎです^^;

 

Amazonで「難消化性デキストリン 業務用」とかで

検索してみてくださいよ。

 

グラニュー糖みたいなオシャレセンスのかけらもないパッケージに入ってますが、

ドッサリ500グラムが1,000円以下。

それを大きめのタッパーかなにかに入れて、

日の当たらない場所、

できれば冷蔵庫に保管すれば一年くらい使えます。

 

一回の食事に使う量は6グラムで十分。

毎食飲んでも500グラム使い切るのに1ヶ月くらいはかかります。

 

賢者の食卓の原料は難消化性デキストリンだけなんですから、

じゃあその原料をそのまま買っちゃったほうが

断然お得ってわけです。

 

ちなみに、難消化性デキストリンは過剰症がないので

どれだけ使っても大丈夫。

 

ただ、使う量を増やしても効果は上がりません。

6グラム以上とると自然排出されますので意味ないです。

 

味も臭いもないので、

水に溶かすのはもちろん、

鍋に突っ込んだりしても味は落ちなくって便利ですよ。

 

そんなには聞きませんけど、

たまに下痢になっちゃう人がいるみたいなので、

その時は使う回数と量を調整すればOK。

 

ダイエットに関しては、

便秘になるくらなら下痢になったほうが痩せます。

お腹が痛くなるくらいゆるくなるんでしたら考えものですけどね。

 

太りたくないのなら、難消化性デキストリンも効果がありますが、

痩せる効果を求めるのなら、病院で使われてるやせ薬飲んだほうがいいですよ。

賢者の食卓で消耗するより、すっきり痩せちゃったほうがいいじゃないですか。

 
次 → 医者から痩せるお薬をもらって30キロやせるには