嘘?ヴィーナスカーブは痩せないって評判が…

どうやら2週間で腰回りが10センチ細くなるらしいヴィーナスカーブ

肥満の原因は骨盤にあった!とか明らかに「いや、嘘だろ!!」ってなこと平気で言っちゃってます。

 

そんでもって肝心の「なんで骨盤矯正したら痩せるの?」ってとこに一切触れられてない(笑)

効果のほども胡散臭いこと極まりまないですね^^;

ほんとに痩せるのかな?と。

 

骨盤のゆがみ直してお腹の脂肪が消し去れるんなら、ダイエットなんかしないでみんな整骨院に行ってますからね^^;

まぁ確かに、この手の加圧ガードルにはダイエット効果はあるんですけどね。

 

でもこの写真見てくださいよ↓

履いただけでサーモグラフィに移るほど代謝が上がるかどうかも微妙ですし、何より左の画像と右の画像でポーズが同じ(笑)

これじゃあ、同じ写真を加工しただけじゃ…って疑われるのも無理ない話ですよ^^;

 

それにヴィーナスカーブを来た瞬間にウエストがマイナス15cmってただ単に腹のお肉をガードルで圧迫してるだけなのでは…。

脂肪の付き方は人によって違うわけで、下手したらボンレスハム状態になってしまわないかが心配ですね^^;

まぁ、この手の加圧ガードルが話を盛りまくるのは今にはじまったことじゃないんですけどね。

ただ、「骨盤のゆがみ = 肥満の原因」とか嘘過ぎでしょ…。

 

肥満の原因は結局のところカロリーの取り過ぎってだけで、それ以上でもそれ以下でもないですから。

でもまー、こいつはヒット商品で私のブログ読者からも「欲しいんだけどほんとに効果あるの?」ってメールを頂いたので、今回はプロ目線から見てヴィーナスカーブはどこまで効果があるの?ってとこを検証していこうかと思います。

ヴィーナスカーブは嘘?

ヴィーナスカーブはいわゆる痩身ガードル分類されるダイエット商品です。

 

この手のガードルの目的は腹巻きみたいに巻いて、とにかくすぐにお腹の脂肪を目立たなくすること。

とりあえず、見た目を変えたいんなら一番効果あります。

 

このお腹が↓

こうなりますからね。↓

そしてそのついでに体に圧力かけて代謝を良くする効果があります。

筋肉ポンプって言うんですけどね。

痩せたい部位に圧力をかけて代謝を上げるってのは医療現場でもやってること。

 

体温が上がってサーモグラフィで違いが出るレベルで変わるかどうかは微妙ですが、少なからずダイエット効果はあるわけです。
ただし、着る → 寝る → 痩せた ってことになるとはあまり考えられないのでその辺は注意してください。

っていうもの、そもそも痩身ガードルってものに脂肪を燃やしてくれる効果がほとんど無いんですよ。

 

この手のガードルを着てお腹に圧力がかかると自然にお腹の筋肉が緊張しだします。

こうやって常にお腹に力がこもってる状態になると、インナーマッスルが鍛えられてお腹の引き締め効果が出てくるってわけです。

 

いわゆるドローインと同じ効果があります↓

ただ、これはお腹周りの筋肉を鍛えて引き締めてるだけなので、脂肪はほとんど消え去ってくれません。

見た目は確実に良くなるんですけどね。

 

だから、とりあえず短時間だけお腹を細くしたいとか、ついでに腹筋を鍛えたいとかいう目的だったらヴィーナスカーブはかなりおすすめです。

だけど、お腹のお肉そのものを消し去ってスリムになりたいって言うのならヴィーナスカーブはちょっと違うかな…といった感じです。

 

じゃあどうすれば痩せるのか?ってお腹を細くしたいのなら基礎代謝を上げてください。

これで解決です。

 

さっきも話した通り、脂肪がついた原因って結局のところカロリーの取り過ぎだから。

逆を言うととったカロリーを消費しきれないから、余ったカロリーが脂肪になってるってだけの話。

 

で、一日の消費カロリーの70%以上は基礎代謝。

だから、痩せたいなら真っ先にやることは「何とかして基礎代謝を上げること」になるわけです。

 

ちゃんと基礎代謝を上げきれたら勝手に痩せてきます。

これは私が肥満だった頃に基礎代謝を上げて30キロくらい痩せた時の体験談ですので、スリムになりたいのなら読んでみてください↓

→ 基礎代謝を上げまくって30キロ落とした時の体験談

サブコンテンツ