嘘?バタフライアブスじゃ痩せない効果ないってマジ?

 

シック〇パッドの亜種として名高いバタフライアブス

これ使って痩せるとか思ってる人がいますが、半分政界でもう半分は間違ってます。

 

あんまり痩せない…っていっても販売元がついてるってわけじゃないんですけどね。

っていうのも、こいつは筋肉を鍛えるためのものであって脂肪を落とすためのものじゃないからです。

 

目的が違うわけですね。

販売ものじゃー思わせぶりなこと言ってるんですけどね^^;

 

こんなお腹が↓

 

綺麗なくびれできますよーみたいな(笑)

 

ここじゃあ中肉中背の男性が35日でマッチョのナイスガイになった…みたいな表現されてますけど

 

その下にはお決まりの「個人の感想です」ってやつ(笑)

これを腹に巻き付けてスイッチ押したら、あとはテレビの前で寝っ転がってるだけでみるみるくびれが出来るのかって言われると「本当にそうなの?」って感じですけどね。

 

っていうもの、別にバタフライアブスに限った話じゃないけど、そもそもEMSってやつが「体の脂肪を燃やすメカニズム」に沿って作られてないんですよ^^;

消費するカロリーがあなたがその日に食べたカロリーを上回って初めて脂肪ってやつは燃焼されるんです。

 

で、バタフライアブスのやってることは腹筋。

筋トレですね。

だから、こいつの効果を疑うんなら「そもそも腹筋にダイエット効果ってあるのか?」ってとこから疑わなきゃいけないわけです。

 

そもそも腹筋にダイエット効果なかったら1分間に4200回振動しようが痩せるわけないですから^^;

腹筋で痩せる?

ここで言っておきますが、バタフライアブスは使い方次第ではちゃんと効果はありますよ。

ただ目的に沿ってないとガッカリ感しか残らないので気を付けてねってだけの話。

 

ここではこいつを使って腹周りに「くびれ」を作れるのかどうか考えていきます。

夏に備えてお腹にくびれ作りたいなーって人がなぜか最初に取り組むのが腹筋だったりします。

 

気持ちは分かるんですけどね。

例えばくびれを作りたいのにジョギングやるってどうしてもイメージわきませんからね。

 

そもそも腹筋って筋トレですよね。

筋トレは筋肉を鍛える運動であって、脂肪は燃やさないんです。

 

脂肪を燃やしたいのならジョギングでもして公園を走り回るのがベターですよ。

だから、バタフライアブスはお腹をポコポコ割るサポートをしてくれても、ダイエット効果があるかどうかは微妙なわけです。

 

使おうとしても、あなたの目的が何なのかによってこの商品が役に立つ立たないがわかれてしまいます。

マッチョな腹筋を手に入れたいのならバタフライアブスは効果ありますが、脂肪まみれのぷよぷよお腹をどうにかしたいって時はほぼ無力だと思ってください。

 

ただし、劇的には痩せないって言ってもある程度の引き締め効果はあるのでやらないよりまマシになりますよ。

たるんでしまったお腹周りの筋肉を引き締めるだけでもウエストは細くなりますから。

 

三か月もすると見た目は確実に良くなります。

ただ、それは脂肪をお腹の奥に収納してるだけなので根本的な解決にはなってません。

ですので、痩せたいのなら基礎代謝を上げるようにしてください。

 

公園にジョギングに行くのもいいんですが、運動で消費できるカロリーってたかが知れてます。

1日の消費カロリーの20%くらいしか運動で消費できませんから。

 

じゃあ、何で消費してるのかって「基礎代謝」です。

1日のカロリーの70%は基礎代謝で使われる。

 

だから、痩せたいんなら素直にこいつをどうにかしないことには話が進めないわけですよ。

ちなみに残りの10%は食べたものを消化・吸収するエネルギーで使われます。

20%とか10%とかでちまちま消費してたらいつまでたっても痩せられません。

 

どう考えても7割近くを占める基礎代謝上げないとカロリーってほとんど消費しないんですよ。

私は代謝上げて30キロ近く痩せましたよ。

 

その時の体験談がこれですので読んでみてくください↓

基礎代謝を上げるとこんくらい簡単に痩せる

サブコンテンツ