高木です^^

危険だのトラブルに巻き込まれるだので有名なコンブチャクレンズ

ダイエットサプリって基本的に有名になればなるほど叩かれまくるんですが、

コンブチャクレンズは話がちょっと違う。

 

コンブチャクレンズは断食をコンセプトにした商品です。

その中でも過激な断食であるデトックスを推奨してます。

 

デトックスってのは解毒のことで、

一定期間なんにも食べないで過ごすことで

体の毒素を体外に排出する荒業です。

 

一定期間っては、3日とかじゃなっくって

1週間くらいガッツリやるやつです。

 

デトックスはアメリカから入ってきた健康法なのですが、

あちらの国では専門の施設で専門医のもとで行われます。

健康法っていうよりは治療法ですね。

 

太っているアメリカ人って、

「同じ人間なのか?」ってレベルで太ってるじゃないですか。

 

日本人ならあそこまで太る前に、

高脂血症や糖尿病でおだぶつです。

 

アメリカ人と私達とでは体のタフさが違います。

タフなもんだから荒治療にも耐えられる。

 

体の弱い日本人がまねして、

しかも専門施設じゃなく

素人判断でやろうって言うんですから危険に決まってます。

 

つまり、コンブチャクレンズ自体に危険性があるってわけじゃなくって、

デトックスという手法が危険。

 

無理やり食事抜いているうちに、

栄養失調による健康被害や、

デトックス明けの好転反応などのトラブルに巻き込まれるわけです。

コンブチャクレンズの危険性について

コンブチャクレンズは毒にも薬にもなりません。

 

危険じゃないにしても、

特に痩せる成分は入ってないので使う意味がない。

 

公式サイトでは燃焼系菌という

謎の生物を使っているようなのですが、

その正体はパン酵母菌とトルラ酵母。

乳酸菌と同じで、飲んでも胃酸で死ぬので腸まで到達しません。

 

200種類以上の酵素が入っているにも関わらず、

その内約は明かされてません。

 

食品添加物として安息香酸ナトリウムが使われてるから危険…って

言ってる人がいますがこれはただの保存料です。

化粧品にも入ってるし、

その辺のコンビニ弁当にだって入ってるポピュラーな成分。

 

こいつが入ってるってことは、

商品の安全性を高めるメーカーの配慮。

 

痩せないって分かって売ってるものですから、

トラブル起こしたくないわけですよ。

 

実際に、「たくさん飲んでも大丈夫なの?」って

メーカーに問い合わせてみたところ、

「薬じゃなくって健康食品だからいくら飲んでも大丈夫。」とのこと。

 

薬じゃないんだから副作用がない。

つまり、薬としての痩せる効果はほとんど無いってことです。

 

メーカーとしてはたくさん飲んでくれたほうが

ありがたいでしょうけど。

ただ、健康食品なら青汁じゃダメなの?って話ですよ。

 

こんな本格的な断食をしなくってもちゃんと痩せれます。

一番手っ取り早いのは、病院から痩せるお薬とってくることです。

お腹の贅肉くらいなら余裕で落ちると思いますよ。

 

次 → 痩せ薬を飲んで30キロくらい痩せる方法