お腹にたまっている脂肪を落とすには腹筋をしたらいいって思ってませんか?あれって正直ダイエットとそんなに関係ないですよ。毎日お腹を鍛えること自体はいいと思いますよ。そういうときに使っておきたいのがロコヴェールだったりするんですが。

健康にもいいですしね。ただ、女性で腹筋をぽこぽこ割ってシックスパッド作りたいって人はあんまりいないと思いますが、スリムになってくびれを作りたいってのは誰もが思うところ。

ただし、そのくびれは毎日腹筋やっててもつくることはできません。っていうのも、この手の筋トレって脂肪を落とすのと無関係なんですよね。基礎代謝は上がりますけど、痩せたいってアプローチとしては完全に間違ってます。

女性の体の一番大切な機能は子供を作って子孫を残すこと。その大事な機能がお腹には詰まってます。だから、その大事な機能を落とさないためにお腹は冷やしちゃだめなんです。

体もまずお腹を守ろうとしますから、だから天然の防弾チョッキかつ腹巻きとしてお腹のほうに集中的に脂肪をためこもうとします。そういう体のシステムに逆らって、お腹周りの脂肪を全部落とすのは正直かなり難しい。

もともとお腹の筋肉ってのは他の筋肉と比べて柔軟性があって、疲れにくい筋肉です。だから、一日普通にくらしている間にはほとんど使っている状態ってのが普通。ここでロコヴェールの出番なわけなんですよ。

例えばですが、今こうして椅子に座りながらパソコンでブログの記事を書いている間は、腕の腹筋は全然使われていない状態です。でも、腹筋は意識してるしてないに関わらず常に使っている状態なんですよ。

ここの筋肉が無ければ椅子に座ることも出来ないし、立って歩くとかもっと無理。

こんな風に、お腹周りの筋肉ってそもそも鍛える必要とかあるの?って感じかもしれませんが、効率的に使っている人はほとんどいない。どっちかっていうと、腹筋をなるべく使わないように緩めているのが普通。

こんな風にだいたい使っている筋肉なものだから自然な感じで意識もしやすいってものじゃないでしょうか。これが背中のほうを鍛えましょうって話になると別だと思うんですね。いつもは使っていない部分だから、そこが鍛えられていくイメージってものがわかない。

それはおしりの筋肉だって同じ話です。だけど、お腹の筋肉の鍛え方がわからないって人はなかなかいないはずです。だからそこ、毎日お腹のトレーニングをして鍛えていこうっていう発想はわからなくもないけど、ロコヴェールを使ったダイエットに関しては正直 あんまり意味ないっていうかほとんど無意味。

だって、考えてもみてくださいよ。脂肪ってのはもともと筋トレじゃなくって有酸素運動でとるものなんですよ。筋トレってのはその言葉の通り、体の筋肉を作って大きくしていくものなんですから、バーベル持ち上げながら痩せないかなーとか言ってるようなものですよ。

毎日ロコヴェールを使ってようがジョギングとかの酸素を取り込む運動をしない限り、脂肪が落ちることはないわけです。

逆に腹筋ばかりやっていると脂肪がとれないで筋肉がついていくわけなんですから、逆にお腹は膨らんで見えます。女子プロレスラーとかによくいる体型ですよね。機能的ではあるかもしれませんが、美容的にはどうなの?って体の出来上がりです。

くびれを作るのに一番いいのは、やっぱりカロリー制限なんですが、それと一緒に有酸素運動と筋トレを組み合わせればもう完璧です。部分痩せしたいって妄想は捨てたほうがいですよ。体ってのはまんべんなく痩せていくわけなんですから。

<< ロコヴェールは薬局で購入できる?amazon楽天には?
>> ロコヴェールに砂糖はやめたほうがいい