じゃあ、そろそろ体脂肪の話に移って行きたいと思います。とりあえず、体の脂肪さえとればなんとかなるだろって考えているようなら要注意です。ロコヴェールを飲んどけばそれでOKじゃないってわけです。っていうのも、体脂肪ってものは少なすぎても危ない状態だったりするわけなんですから。

もちろん肥満レベルの脂肪を体にたくわえてるんなら四の五のいわずに早くダイエットしたほうがいいに決まってますよ。ただ、じゃあ脂肪の全部が全部悪者かっていうとそうじゃないってことです。というよりは生きていく上で欠かせないものだったりするので、一定量はもっとかないと逆に危ないですよ。

体の脂肪が全部なくなってしまった場合を考えると、脂肪っていかに大事なものであるかってのがわかりやすいんじゃないかと思います。体はだいたい水分でできているわけなんですが、残りは何かっていうと脂肪と筋肉で出来ています。

ロコヴェールで削り過ぎは良くないってことですよ。体の要素って3つしかないわけなんですから、その柱の一本を根こそぎ無くすと大変なことになるに決まってますよね。体脂肪が少なすぎる人ってどうなるかっていうと、あなたもそういう人みたことあると思いますが、ひょろひょろとしててなんかいつもパワーが無いっていうか元気が無いっていうのか生きているんだか死んでるんだか分からないような状態になったりするんですよ。

体脂肪が標準的に備わっている人に比べてものすごく病弱になりますし、ちょっと周りの環境が変わっただけですぐに体調を崩してしまうようになります。あなたの周りにも季節の変わり目には必ず体調崩す人っていませんか。そういう人って大抵痩せ過ぎている人のほうが多い。

やばいラインの人になると生理が止まったとか、ちょっとのストレスに耐えられないみたいになってしまうことも。無茶すぎるダイエットであり得ないくらい体脂肪が減ってしまった人にはこういうトラブルが絶対に起こるってわけです。そもそも体は健康な状態だと太っていくのが普通なわけで、痩せていくってのは体のどこかしらがおかしいことになっている証拠でもあるわけです。

これはなんでかって、女性の体を女らしくするために必要なホルモンが脂肪細胞で作られるからです。ロコヴェールでホルモンのバランスが崩れるってことはないのでその辺は安心してください。そのホルモンの生産工場が無くなってしまうわけなんですから、そりゃー生理も止まって当然でしょってなるわけです。

生理の時って基本的に体の調子がおかしなりがちになるわけなんですが、これってホルモンのバランスが崩れてしまったのが原因で、そのホルモンを作る工場になる組織が体から消え去るってのはもう一大事はわけですよ。
そんな時にもはいロコヴェールで解決しようとするのは正直どうなの?って感じですよね。

そもそも脂肪ってなんで体に蓄えられるのかって、エネルギー源としてとっておく必要があるからです。毎日必要な分のカロリーが食べ物から入ってくるとは限らないわけですよね。だからこそ、いざという時のために足りないエネルギーを体の中でストックしておく必要があるわけです。

昔々、人間がまだマンモスとか追っかけて狩りとかしていた頃には毎日満足な食事にありつけるとは限らないっていうか、ありつけない日のほうが多かったんじゃないでしょうか。そういう劣悪な環境でも生き延びることが出来るように脂肪ってものを常に蓄えてる状態にしないといけないわけです。

じゃないと飢餓に耐えられるわけないですからね。ロコヴェールってものはこんな時には基本的に無力ですから。

他にも脂肪は体温をコントロールしたり、内臓が体の中で暴れ回らないようすするための接着剤って役割もあるわけで、これがないとそもそも生きていくことが出来ないってことはおわかりいただけたはずです。

<< ロコヴェールなら運動しなくても痩せるの?
>> 咀嚼の効果とロコヴェール