食べ方の知らず知らずのうちに身についてしまった悪いクセをなおすだけでダイエットが成功した人がいます。よく同じ量を食べてもある人はなんだかぶくぶく太っていくのに、ある人は全然太らないような場面を見たいことがあると思いいます。
あれってのは基礎代謝の違いも大きかったりするのですが、それ以前に大きな差になっているのが食べ物の食べ方です。
痩せてる人はロコヴェール飲んでるからとかじゃありませんよ。これはそんなに関係ありませんから。

問題なのは、ものを口にいれるタイミングとどういう風に食べるのか?です。その違いが例え入ってくるカロリーの量が同じであっても、出ていくカロリーの量にものすごい差が生まれてくるものですから、太る人と痩せる人に分かれてしまうんです。

こう例えるとわかりやすいんじゃと思うんですが、掃除が下手な人っていますよね。そういう人ってどうしてるのかって、とにかくいらない物は押入れの中に片っ端から突っ込んでしまうようなタイプの人。それじゃーどんどん部屋は狭くなっていく一方ですよね。別にいらないもの自体が消えたわけじゃないんですから。

その一方で、掃除が得意な人っていうのはこまめに後片付けができるような人のこと。いらないものを見つけると、グダグダ後回しにするような事はせずにすぐに処理して、自分の部屋の中にいらないものなんかを溜め込まないような努力をします。その時にロコヴェールを使うことなんかが頭の中にあるわけありません。

食べ物の食べ方だって一緒です。いらないものを捨てずに無駄に溜め込むようなタイプの人は太るに決まっています。
その一方で、いらない成分や毒素を次々と体の外に出せるような人は必要なスペースが確保できる…つまり、スリムでスッキリした体型が維持できるってわけです。

・よく噛むようにすると太らない理由とは

あなたはちゃんと噛むようにして食べていますか。太る食べ方の代表格は早食いです。何をそんなに急いでいるんだか、競争するように早食いするような人っていますよね。何と戦ってるんでしょうね。ロコヴェールは別に早く飲み込んでもかまいませんんが、食事はゆっくり食べるようにしましょう。

よく噛むようになるってのは早食いを防いで余分すぎるカロリーをとってしまうのを防ぐためです。例外なく、食事が無駄に早い人っていうのはよく食べるし、そして食べ過ぎです。
こうなったらロコヴェールでも処理しきれなくなってしまいます。

なぜかって、食べ物を高速で流し込むと、食い物が胃の中に入ってくるスピードと脳に満腹だっていう信号をおくるスピードが揃わなくなってしまうからです。つまり、知らず知らずのうちにカロリーオーバーになってしまうわけですよ。
ロコヴェールを飲んだって処理はしきれません。
じゃあどうすればいいのかって、一番確実な予防方法はゆっくりと食事を楽しむことです。
そうすれば、仮に同じ量を食べたとしても、心もリラックスできますし満腹感だって全然違ってきますからね。

<< 体脂肪は少なすぎても危険
>> リバウンドを防ぐためにロコヴェールは効くのか?