私はことあるごとに良く正しいダイエットをしましょうって言いますけど、あれって裏を返せば間違ったダイエットってものが存在することを意味しています。っていうか世の中のダイエット方法なんでだいたい間違ってるって言っていいくらいです。その典型的な例が体脂肪じゃなくって体重を落とすダイエットです。

ロコヴェールを飲んだ後はカロリー制限を頑張らないといけないわけなんですが、最初の3日くらいは体重がすとーんと落ちてくれるわけなんですが、これってただ単に体から水分が抜けただけで別に脂肪が消えたわけじゃない。ダイエットの目的はお腹にこびりついている肉を削ぎ落とすことなんで、体から水が抜けたくらいじゃ痩せたとは言いませんよ。

つまりは、ダイエットの真の目的は体脂肪を落とすことであって、体重計の数字が減ったっくらいじゃなにも解決したことにはなってないってことです。ロコヴェール飲んだ後ってなんかやり遂げた感っていうか、安心感みたいのがあるかもしれませんが、それは完全に気のせいなので騙されないでください。

当然のことながら、体脂肪が減ったら体重も一緒に減るには減るんですが、重要なのはどのくらい脂肪が消えたかであって、体重がどれくらい落ちたのかとか正直どうでもいいくらいですよ。
じゃあ、どういう風にすればいいのかって体脂肪計を使ってください。その数値を見る癖をつけることです。

・単品ダイエットは無意味

無意味なダイエットの代表格が単品ダイエット。なんでかって、単純に痩せないからってのもありますが、体を壊してしまうばかりか太りやすい体質に変わってしまうからです。人の体ってものは基本的には雑食。いろんな食べ物からいろんな栄養素を取り入れることで成り立っている。一番やばいのはロコヴェールだけを飲んで過ごしてしまうこと。これはもう栄養失調エンドです。

だから、単品ダイエットみたいな栄養が偏りまくった食生活を続けていると体は悲鳴をあげる…までもなくぶっ壊れてしまいますよ。プロテイン飲んでいる人がこの手の失敗をしがちなのが特徴だったりするんですけどね。

長い間、特定のものしか食べないと体に不調をきたすことは目に見えてわけることです。
ロコヴェールも同じで、これもあくまで補助食品で、ロコヴェールのちからだけで痩せようとは思わないでください。
脂肪を燃やすっていってもたかが知れてますからね。それよりも食事の量を減らしていって、そんなに苦痛に感じないダイエットを三ヶ月くらいやったほうが続きますし、健康的に痩せられますよ。
今でもテレビとかでリンゴダイエットとかバナナダイエットとかやって痩せましたーみたいなこと言ってる人がいますが、なんで食べるものを一個に絞るのか?の部分の説明がぜんぜんされてないんですよね。

どうせ食べるんだったら食品の数を増やしていろんなとこから栄養とったほうがいいに決まってるじゃないですか。
こういうテレビで紹介されるやつって、見た目の派手さでなんか凄い感を演出してるだけなんですから。
こういうのを真に受けちゃだけですよ。

<< ロコヴェール飲んでても朝ご飯は食べよう
>> 運動したらロコヴェールは飲まなくてもいいのか