高木です。(*^-^)

お米食べたら太るってのは完全に嘘です。

お米はブドウ糖に分解されますが、

(食べ過ぎなきゃ)ほぼ全部脳のエネルギー源として

使われるからです。

 

ダイエットしてます!って人に意外と多いのが、

お米を少なめにするのにおかずを

しっかり食べるってタイプの人。

 

いつの間にか、「お米食べたら太っちゃうよ」って

誤解が生まれて定着してます。

 

炭水化物だからなんでしょうが。(ー_ー;)

炭水化物ってのは、

体の中でエネルギーとして使われる。

 

それが原因で、ご飯 = ダイエットの敵って

イメージが浸透してしまってます。

 

それに、おかずの種類ってたくさんあるじゃないですか。

そして、具体的にどのおかずを

抜けば痩せるのかよくわかんない。

 

だから、てっとり早く摂取カロリー減らせるのがお米。

これが、ダイエット中はお米を減らすべきという

誤解を生み出してしまってるわけです。

お米食べてもそんな太らない

でも、お米は食物繊維が豊富だし、

ミネラルやタンパク質だってとれちゃう。

 

カロリーだって別にそんな高いわけでもありません。

米飯に含まれるデンプンは

消化にやたら時間がかかってしまいます。

 

消化に時間がかかるから、

血糖値がゆるやかに上がって腹持ちがいい。

 

お馴染みの炭水化物である、

パンやうどんよりも歯ごたえがあって「ちゃんと食べた感」もする。

 

パン・うどんはあなたが思ってる以上に

大量の塩分が入ってるんですが、白米はゼロ。

 

実は、白米は優れたダイエット食品だったりするわけです。

お米に隠されたダイエット効果

さらに突っ込んだ話をすると、

レジスタントスターチ(難消化性デンプン)って

聞いたことありませんか。

 

お米を炊いたあと、

冷やすてそのまましばらく置いておくと

固くなるじゃないですか。

 

あれは、デンプンがレジスタントスターチに

変わったからです。

 

こいつを食べることで、

食物繊維と同じように

血糖値が急に上がってしまうことを防いでくれる。

 

便秘の解消効果もありますね。

これは冷ご飯の特有の作用。

 

さらに、白米の中に玄米や

ひえ・アワを加えるとどうなるのか。

 

食物繊維の含有量がぐーんと増えるし、

ビタミン群の1日の必要量だってとれちゃう。

 

さらに言うと、お腹の調子を整えたり、

コレステロールを正常値に戻すし、

血糖値のバランスだって整えてくれます。

 

これらのことから分かるように、

お米って太るどころかメタボ対策もできる

立派なダイエット食であることが分かってます。

 

太る食べ物なんかじゃないわけですよ。

 

あとついでに言うと、

朝昼晩の毎食お米を食べようっていうのなら

1日にお茶わんに中盛4杯くらいが最適。

 

体格が大きめの人や、

1日よく動くって人は5杯くらい食べても

太ることはありませんよ。

 

米もいいですけど、

本格的に痩せたいなら漢方薬がおすすめです。

医薬品なんで、かなり効果あります。

次 → 痩せる漢方薬で30キロ痩せる方法