自律神経を整えると痩せるとよく言われます。

それは、自律神経のリズムに合わせて

食事をとると太らなくなるからです。

自律神経の働きは、

無意識のうちに内蔵を動かすこと。

 

心臓をドクンドクン動かしたり、

胃や腸を動かしたり、

胃の中に消化液を分泌させたり。

 

あなたの意思に関係なく、

体の機能を勝手に維持してくれるわけです。

2タイプある、自律神経

自律神経には二種類あります。

興奮してる時に働く交感神経と、

リラックスしてる時に働く副交感神経です。

 

興奮とリラックスの綱引き。

これで心や体のバランスというものは

調整されてます。

 

なんで、自律神経がダイエットに関わってくるかって、

交感神経の働きが鈍ると物凄く太りやすくなるからです。

 

普段、日中に私達が起きて動けるのは

交感神経が頑張ってくれてるから。

運動するために、

脂肪を分解してエネルギーに変えています。

 

この、交感神経がうまく働なくなると

脂肪をエネルギーに変える

能力が落ちてしまいます。

 

すると当然、脂肪をため込む体質になる。

要は太りやすくなるわけです。

 

痩せたいのなら、

日中にできるだけ交感神経を働かせて

脂肪をエネルギーに変えてもらう必要があります。

交感神経を活性化さえるためには

朝ごはんをちゃんと食べることで、

交感神経をてっとり早く

活発化させることができます。

 

朝、起きるとまず交感神経にスイッチが入って、

これから動き回る準備をはじめます。

 

朝に弱い…って人は

交感神経のスイッチを

うまく押し切れていないから。

そういう人って朝ごはん抜きがちです。

 

交感神経を刺激して、

太りにくい体質になるには、

朝しっかりご飯を食べる必要があります。

 

朝ごはん食べなきゃ太るって

よく言いますよね。

 

神経系から見ても、

ダイエット中だからこそ、

朝ごはんは抜いてはいけないことになります。

 

朝ごはんを食べて、

交感神経を活発化させる。

 

そうすると、

その日1日は効率よく脂肪を

燃焼してくれるようになります。

 

おすすめの朝ごはんは、

トリプトファンがたくさん入ってる

納豆や豆腐などの大豆製品。

朝ごはんはどうしても無理…って人は

バナナやヨーグルトでもOK。

 

交感神経が一番活性化するのはお昼頃。

食べたものが片っ端からエネルギーに変換されるので、

カロリーが高いものはお昼に食べるようにしましょう。

ただし、食べ過ぎは禁物です。

 

最初に言ったように、

自律神経はバランスで出来ています。

 

お昼に満腹レベルまで食べると、

夕食をとるタイミングがずれ込んでしまうので、

リズムが狂うからです。

 

ダイエット中には一切夕食を食べないって人がいますが、

夕食はある程度食べてとかなきゃ

寝れなくなります。

 

それで、結局夜食を食べることになる。

夕食を必要な分だけ食べとけば、

副交感神経が働いてぐっすり寝られるようになるので、

ダイエット中でも夕食抜きはNGです。

 

自律神経を整えつつ、ダイエットをするのなら漢方薬がおすすめです。

漢方は西洋薬と違って、自律神経のバランスをとりながら脂肪を減らす、

より健康体に近い状態にする効果があります。

 
次 → 漢方薬で自律神経を整えつつ、痩せる方法