高木です^^

足がパンパンにむくんできたので、

ラシックス錠使ってみました。

法改正で、薬局では売られてないんで

通販で買い置きしたやつです。

 

だいたい、一週間くらいしか使ってませんが、

割りと効果あったのでレビューしてみます。

 

一週間しか使ってない…っていうより、

短期間でしか使えないタイプの薬なだけなんですけどね。

ラシックスは副作用が強めですので、

むくみがとれたらさっさと服用は止めた方が賢明です。

ラシックスの副作用とは?

まず、最初にひとこと。

あたなたが50歳以上であるならば

ラシックスは諦めてください。

 

ラシックスってむくみとりで使う人のほうが多いんですが、

元々は血圧を下げるために使われたお薬です。

高齢者が医師の処方なしで降圧剤使うのは完全にNGなので。

 

で、ラシックス今から使う人に副作用を紹介しますね。

 

まず、代表的な副作用は多尿

 

トイレがメチャクチャ近くなってしまいます。

 

夜寝る前に飲んじゃダメですよ。

夜中に膀胱に何度も

叩き起こされることになります。

 

それに、昼間飲むにしても

タイミングを考えなきゃいけません。

 

例えば、電車に乗る前。長い会議の前。

高速道路の渋滞が予想される時。

みたいな、「すぐにトイレに駆け込めない状況」になるんでしたら、

飲むのは控えましょう。

 

まぁ、この作用でむくみを取るんですけどね。

尿が出すぎるのも困りものってことです。

 

ラシックスの成分はフロセミド

フロセミドは腎臓の中で、

尿とナトリウムの再吸収を阻害します。

 

再吸収が阻害されすぎて水分、ナトリウムが不足すると…

 

・口の中が乾きやすくなって、ミネラルウォーターが手放せなくなっちゃいます

・体調がダルダルでものすごい倦怠感に襲われる

・めまいでフラフラ

・胃に違和感を覚えて謎の吐き気が…(←これはヤバイんで即中止してください)

・実際に吐く(←病院へ)

・頭がガンガン・もしくはじわじわ痛みだす

・下痢っぽくなる

・食べ物の味がおかしくなる、いわゆる味覚異常

 

一番ヤバい副作用がアナフィラキシー様症状。

耳鳴りがしたり、かゆみが出たり、

じんましん、過呼吸が出たら病院に駆け込んでください。

腎臓に与えるダメージ

ラシックス飲む時に見落としがちなのが、

腎臓に与えるダメージです。

腎臓ってのは尿の成分をこし取る器官。

 

つまりは、尿の成分を再吸収してるわけです。

 

ラシックスの効果は尿の

水分とナトリウムの再吸収を妨げること。

 

これを繰り返すと、

腎臓にじわじわダメージが蓄積されていきます。

 

するとどうなるのか?

腎機能が低下します。

 

尿が濁りだしたり、

尿が石鹸水レベルで泡立ちはじめたり、

酷い場合には血尿が出ます。

 

腎臓にダメージが行くと、

ナトリウムの再吸収異能がダダ落ち。

 

すると、

尿が頻繁に出る → 血液の濃度が上がる → 腎臓に負担がかかる → 尿が出にくくなる

 

ということになって、

むくみとりに関しては完全に逆効果になってしまいます。

 

ラシックスとの正しいお付き合いの仕方は、

「むくみがとれた時点で服用を止めること」

 

腎臓にダメージが溜まる前に、

切り上げてしまうことです。

 

ですので、一週間くらい飲んで副作用しか出ないんだったら、

他のむくみとりを試したほうが賢明です。

 

こんぶとか、カリウムの多い食品を

とるようにするだけでもだいぶ違いますよ。

 

むくみをとるだけじゃなくって、

代謝そのものを上げてむくみをと脂肪を

とるようにしたいなら、漢方薬がおすすめです。

 

肥満外来で処方されている痩せるタイプの漢方薬なんですが、

医薬品なのでメチャクチャ効きますよ。

次 → 肥満外来で痩せる漢方薬もらってきて痩せる方法