健康長寿のお茶として有名なルイボスティー。

ルイボスティーを飲んで痩せた人がいるんだとかいないんだとか。

ほんとかよーって事で調べてみました。

 

これで痩せるんならダイエットに特化した

ルイボスティーがあるはずなんですけどね…。

ルイボスティーで痩せたってほんと?

ルイボスティーはアフリカ原産のお茶で現地では万能薬扱い。

「赤い藪の奇跡」とありがたがれて飲まれてるそうな。

 

なんでこれがダイエットに効くかって、

ルイボスティーにはデトックス(解毒)効果があるからです。

 

ルイボスティーに含まれるミネラル成分は体の老廃物を排出して、

綺麗な腸内環境を作ってくれます。

 

腸内環境が良くなると、

エネルギーを燃焼させる代謝が上がって痩せやすくなる…。

 

つまり、腸に詰まったゴミを押し出して

エネルギーのやり取りをスムーズにすることで痩せる環境作りをしてくれるようです。

 

痩せる仕組みとしてはかなり間接的な効果。

もちろん臨床データもありません。

ダイエットを語るには根拠が薄いですね。

 

砂漠の大地であるアフリカでは万能薬扱いだとしても、

飽食の国 日本ではどうなのかなーって事ですよ。

 

アフリカではミネラル成分はかなり貴重。

でも、四方八方海に囲まれている日本には関係のない話。

海外の食糧事情を、そのまま日本に当てはめていい結果になった試しがありません。

デメリットもある

ルイボスティーには脂肪を直接 燃やしてくれる作用はありません。

ダイエット効果を求めるのなら、

それなりの量を飲まないと実感できるレベルの効果は得られない。

それでいて、飲みすぎると待っているのが副作用です。

 

有名なのは下痢です。

ルイボスティーにはマグネシウムが含まれています。

マグネシウムは便秘薬にも配合されている成分。

たくさん飲むと下痢っちゃいます。

お腹の緩い人は要注意。

 

ルイボスティーを大量に飲むことで「喉のかゆみ」を訴える人がいます。

これの原因はよく分かっていません。

喉にカメラを通しても異常なし。

ルイボスティー飲むの止めたら治まる事が多いから、こいつが原因なのでは…と考えられています。

 

たまにある症状が「胃痛」

ルイボスティーは本来、日本人の体質には合わないお茶だとも言われてます。

胃腸弱いですからね。

効きすぎると胃がキリキリしてくることも。

 

昔々…と言っても数年前、

ルイボスティーには「水銀」が入ってるんじゃないかと噂され事があります。

これについては検査がされていて、水銀が入っているような事は一度も無かったそうです。

 

検査も第三機関が証明してるので信頼しても大丈夫。

ルイボスティーの産地の近くに鉱山があった事が原因で広まったデマです。

 

見落としがちなのは「吐き気」

これは妊活でルイボスティー飲んでる人に多い症状です。

ただ、これはルイボスティーの副作用じゃなくって

本人が妊娠したことに気づかないでつわりを起こしたったケースがほとんど。

 

妊娠すると、ルイボスティー特有の香りが受けつけなくなって飲めなくなることが多くなります。

ルイボスティーはダイエットに向かない

ルイボスティーは痩せる根拠が薄い割に、飲みすぎると色んな副作用が。

 

それもそのはずで、ルイボスティーは健康目的で飲むもので、

「痩せるために」飲むものじゃないからですよ。

適量を超えたら体が悲鳴をあげるのは当然です。

 

痩せるために飲むのなら、

効果があるのはダイエット薬です。

 

肥満病院で処方されているダイエット薬は漢方薬なので効きますよ。

体験記を読むと、ルイボスティーよりも

効果があるってのがはっきりと分かるはずです。

病院でダイエット薬もらって痩せてみた体験記