あなたもダイエットをしてるなら、一度はこんな感じ↑のダイエットサプリを買ったことがあるはずです。飲んでちゃんと効きましたでしょうか?全然ですか?

「効いた感じはするけど、痩せたかどうかは微妙だった」はずです。それもそのはず、ダイエットサプリなんてものには効果らしい効果なんてほとんど無いんですから当たり前の話です。

 

飲んだら体がポカポカ温まってきたとか、汗が出てくるとか、便秘がなおったとか「なんだか効いてる感」を出してきますが、それってただの効いてるように見せかける「演出」なのでダイエットとは関係ありません。

そもそも、本当に効果があるのなら防風通聖散みたいに肥満外来で使われているはずです。医者が使わないってことは効果がないってこと。

 

たまに「サプリを飲んで痩せた!」って言ってる人がいますが、話を効いてみるとちゃんと炭水化物をぬいた食事制限をしてるし、基礎代謝を上げるように筋トレもしてる。これはどう考えてもサプリは関係なくって本人の努力で痩せてます。

ダイエットサプリはほとんど効かない

ダイエットサプリの広告で良くあるのはサプリさえ飲めば

・ どんどん食べてもOK

・ キッツイ運動は一切なし!

ってやつですね。例えばこんなやつ↓

これは嘘です。例え痩せる薬を使ったとしても「炭水化物抜き + 筋トレ」はしないと絶対に痩せません。だって、摂取したカロリーよりも多くのカロリーを消費しないことには絶対に痩せれないわけなんですから。

 

最近見かけた酷い広告になると

・ サプリを飲むと糖分で基礎代謝が上がるので甘いものどんどん食べましょう!

とか言ってるのもあります^^;

前の記事を読んだあなたならこれがどんなに狂ったこと言ってるかが分かるはずです。これが「サプリで脂肪を燃やします」って言うなら百歩譲って分からなくもないんですが、「痩せますので炭水化物どんどん食べましょう」は悪意すらこもってるような気がします。

 

思いっきり逆に太ることを平気で勧めてるわけですからね。ダイエットサプリのメーカーはなんでこんなおかしな事を必死でやってるのかって、サプリに効果が無いことを彼らが一番よく知っているから。

だからって、「炭水化物どんどん食べましょう」はダメでしょって感じですよね^^;どんな顔してそういうこと言ってるんですね。

ダイエットサプリは全部ダメなの?

ダイエットサプリは痩せませんが完全に「効果が無い」ってわけじゃありません。なかには使わないよりは使ったほうがいいくらいの効果を出すように努力してるメーカーだってあります。

じゃあ、ダイエットサプリってものは「どこまで効いて、どこまで効かないのか?」ってとこを話していきます。

 

ダイエットサプリは大きくわけて2つのタイプに分かれます・

・ 脂肪を燃焼させるタイプ

・ カロリーの吸収をおさえるサプリ

ほかにも酵素サプリとか腸内環境改善サプリとかありますが、「全然」って言っていいほど効果がないのでここでは省略します。こういうやつですね↓

 

本当に効くダイエットサプリなのかどうかはダイエットの基本である

摂取カロリー < 消費カロリー

を満たしているか?で考えます。カロリーと関係無かったらそれはびっくりするくらい効かない残念なサプリってこと。カロリーと関係するやつでも「使わないよりはマシかな…」くらいの効果しかないので、飲んだら痩せるサプリなんて存在しないと思ってください。

脂肪を燃焼させるタイプ

いわゆる「燃焼系サプリ」って呼ばれるものがそれ。飲むと汗がふき出したり、体が暖かくなってきます。ファイ〇ルバーンとかが有名です。

このタイプのサプリはショウガとかトウガラシが入ってて、飲めば脂肪が燃えるってやつです。確かに、トウガラシなどには脂肪燃焼の効果はあります。でもこの手のサプリを使うくらいなら、味噌汁に七味唐辛子を入れて飲んだほうがよっぽど効果的。

わざわざ高いお金を出して買うようなものじゃありません。

 

この手の燃焼系サプリに入ってるカルニチンなどの成分は、そもそも「運動した時の脂肪の燃焼を助ける」効果しかないので、運動しないと飲んだ意味ありません。そして、ダイエットは運動はやらないほうがいいのでやっぱり無意味。

痩せる時は運動じゃなくって筋トレして基礎代謝を上げてください。公園でジョギングとかしても”その日限り200kcal”程度しか使うことはできません。そうじゃなくって、基礎代謝を上げて”毎日200kcal”消費できる体を作らないと痩せないってことです。

カロリーの吸収をおさえるサプリ

これはカット系サプリと呼ばれているタイプのもの。その名の通り、あなたが食べたもののカロリーを数%カットしてくれます。
サプリのメーカーは「たくさん食べてしまったらサプリを飲んで無かったことにしましょう」って感じで宣伝してますけど、当たり前ですがなかったことになんかは出来ません。

こういった摂取カロリーを下げる痩せる薬の一つにゼニカルってものがあります。これ↓

このゼニカルの効果は「最大3割くらいの油の吸収をおさえること」です。このゼニカルをモデルに作られたカット系サプリなんですが、効果があまりにも貧弱過ぎて使い物にならないレベルなんです。

痩せる薬でも30%しかカットできないんです。サプリじゃせいぜい3%もカットできればいいほうなんじゃないでしょうか。3%だと例えば300kcalとったとしてもカットできるのはたったの9kcal。確かに効果はあるんだけど、気休めにもならないくらいしかカットしてくれません。

 

それに、カット系サプリって効果自体が怪しいものが多かったりします。

例えば、キトサンって成分。キトサンは油を固めて吸収をおさえるって感じでサプリに入ってますが、油が固まるのは試験管の中だけ。

キトサンで固まった油は胃酸で溶けてしまうので意味ありません。こんな風に、効果が本当にあるのか正直 怪しかったりするのでカット系サプリに頼るのはおすすめしません。

どうしても使いたいのなら、痩せる薬であるゼニカルのほうが信用できます。

 

でも一番いいのは「そもそも食べないこと」だし、炭水化物ぬけば普通に痩せていきますので、まずは炭水化物を食べないようにしてみてください。炭水化物ぬいてインスリンの分泌さえおさえれば、びっくりするくらいみるみる痩せるようになります。

やっぱりダイエットサプリはいらない

ダイエットは食事の量を減らして、基礎代謝をあげれば誰でも成功します。カロリーをおさえるサプリも、脂肪を燃やすとか言ってるサプリも必要ありません。

置き換えダイエット食品ってやつもありますよね。酵素ドリンクタイプだったりマイ〇ロダイエットみたいなやつ。↓

これが一番手を出しちゃいけない危険なタイプです。なぜかって、こういった置き換え食品 使って食事をぬくと基礎代謝がいっきに下がるからです。

仮に一時的に痩せたとしても基礎代謝が低くなってるものだから、ダイエット前の食事の量に戻しただけでリバウンドしてしまいます。

 

ダイエットに必要なのはあなたの努力でこんななんちゃってダイエットグッズに頼っていたらいつまでたっても痩せられません。頑張るっていっても食事制限さえちゃんとやれば、1ヶ月か長くっても3ヶ月くらいではちゃんと痩せれます。あとはいかに基礎代謝を上げるかです。

ダイエットサプリを使ってもお金の無駄だってことが分かったはずなので、こんどは痩せる薬について説明します。ダイエットサプリは無力だけど、肥満外来で使われてるようなクスリはちゃんと効きます。

 

痩せる薬って言っても2つのタイプがあります。

・ 食欲をおさえるタイプ

・ 基礎代謝を上げるタイプ

日本で使うことができるのはこの2つです。

 

どっちとも病院で使われているものだし、私のような命にかかわるレベルで太っていた人でも痩せる薬使えば痩せます。

まずは、食欲を無くす痩せる薬「サノレックス」を紹介します。

次→ 痩せる薬① 食欲を無くす「サノレックス」の効果とは?